ジャーナリスト竹田圭吾、がんとカツラを告白 ネットで「なんてかっこいい人だろう」「負けないで欲しい!」

印刷

   ジャーナリストの竹田圭吾さん(50)がテレビ番組で自分はがん患者で、カツラを被って仕事をしているとカミングアウトした。

   竹田さんは2013年11月に病気療養を理由にテレビ各局のコメンテーターを降板した。翌年の14年2月に復帰した際には、激やせぶりが視聴者を驚かせた。髪や眉毛などの体毛も薄くなっていた。今回のテレビ番組のカミングアウトに対し「強い人だな」「なんてかっこいい人なんだろう」などといった称賛の声がネット上であがっている。

  • 竹田さんのカミングアウトに「勇気ある行為」と称賛の声
    竹田さんのカミングアウトに「勇気ある行為」と称賛の声

「がんになったとしても少し種類の違う人生が続くだけだ」

   出演したのは2015年9月27日放送のフジテレビ系情報番組「Mr.サンデー」。この日は肝内胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)、乳がんで療養中の北斗晶さん(48)の特集を組み、最新のがん検診の取り組みなどを紹介した。この特集の最後の方で竹田さんは、

「僕も自分でがんになって・・・」

と語りだした。13年に休養を発表した頃と現在の竹田さんでは別人のように痩せているため、病気が完治していないのは分かっていたが、それが何の病気なのかは分かっていなかった。

   がんの発見が遅くても、それで自分の人生が終わりという訳ではないし、がんの治療法は毎年のように新しいものが出て来る。そして、がんになったとしても少し種類の違う人生が続くだけだ。

   竹田さんは、こう説明した後、自分の頭を両手で触り、

「僕も今、頭、これカツラでも仕事続けていられますし。(がんに)襲われて闘うものでは必ずしもなくて、自分の中の一部に棲みついたものを宥めすかしながら、なんとかなんとか抑えながら生活の質を維持していくのががんなんだということを、検診を受けている段階から何となくイメージしておくといいと思う」

と語った。ネット上ではこの瞬間に「病気はがんだったのか」「カツラだとは思わなかった」などといった声があがった。

「勇気あるピュアな男なんだと見直した」

   実は、カツラについて竹田さんはツイッターで報告していた。15年6月22日に、

「髪の抜けが速くなって頭頂部の薄さが激しくなってきたので、テレビに出るときや外出時はかつらをかぶることにしました。オーダーしてただいま製作中」

などとつぶやき、15年7月15日には、

「かつらが出来上がりました。ビフォー(左)&アフター(右)。こんどの日曜日・来週月曜日・火曜日放送の番組からこれ被ってテレビに出ます」

といい、2枚の写真をアップしていた。今回の「Mr.サンデー」でのカミングアウトは勇気のある決断であり、がん患者ならではの説得力のある訴えだった、と視聴者に受け止められている。ネットの掲示板やツイッターには、

「竹田圭吾さんガンでカツラとカミングアウト、強い人だな」
「勇気あるピュアな男なんだと見直した」
「癌になったからといって生き方に何に重きを置くかとか優先順位をちょっと変えたりしてくだけと...これまでも思ってたけど、なんてかっこいい人なんだろう」
「竹田圭吾さん心配だけど、前向き!!負けないで欲しい!」

などといった書き込みが出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中