仏首相、日本の常任理事国入りを支持 安倍首相と京都で夕食会

印刷

   安倍晋三首相は2015年10月3日、初めて来日しているフランスのバルス首相を京都迎賓館に招き、非公式の夕食会を開いた。この中で安倍首相国連安保理改革の必要性を強調したのに対して、バルス首相は日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを支持した。10月4日には複数の日本メディアと会見し、日中関係について「安倍首相が必ず穏やかにすると考えている」などと期待を寄せた。両首相は10月5日に東京で改めて正式に会談する予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中