週刊ポスト、川島なお美「『追悼袋とじ』ヘアヌード写真」掲載 「いくら何でもこれは・・・」「これ以上の供養はない」と賛否分かれる

印刷

   週刊ポスト(小学館)の最新号が「追悼」と題して先日逝去した女優・川島なお美さんの「袋とじヘアヌード」写真を収録、ネットで波紋を広げている。写真はいずれも、22年前に発売されて大ヒットを記録した写真集の未公開カット。

   ファンには「これ以上の供養はない」などとおおむね好評だが、まだ没後間もないためか「いくら何でもこれはちょっと」と眉をひそめる向きもある。

  • 川島さんの「追悼ヘアヌード」が波紋呼ぶ(2008年10月撮影)
    川島さんの「追悼ヘアヌード」が波紋呼ぶ(2008年10月撮影)

33歳の川島さん、お気に入りのショット

   川島さんのヘアヌード写真は2015年10月5日発売の最新号(10月12日号)に袋とじで収録された。

   封を2か所切ると、均整のとれた体、すらりと伸びた長い脚、綺麗な形の乳房を露わにした33歳の川島さんが現れる。ベッドやソファーの上に寝そべり、艶っぽい表情を見せている。

   これらの写真はすべて、1993年に発売されて約55万部も売れた写真集「WOMAN」(ワニブックス)の未公開カット。同誌によると、いずれも「生前最後に選んだ」本人お気に入りの写真だそうだ。

   かねてから、川島さんを特集するメディアは「『綺麗』な写真」を使って欲しい、との声がネットで高まっていた。亡くなる少し前、イベント出席時に見せた「激やせ姿」がファンの印象に強く残っていたのかもしれない。

   そうした声と発売前から新聞広告などで大々的にアピールしていたことが重なり、「追悼袋とじヘアヌード写真」は大きな反響を呼んだ。ツイッターを見ると、多くのファンが「全身写真が綺麗。バランスがとても良い」「これ以上の供養はない」と賞賛している。

「せめてもう少し時期を置いてほしい」の声も

   その一方、

「どんな顔で(ページを)開けばいいんだ」
「いくら何でもこれはちょっと...」
「せめてもう少し時期を置いてほしい」

といった苦言もある。主に「追悼袋とじ」という収録形式や雑誌発売が没後間もない時期になった点がひっかかっているようだ。中には「(掲載は)せめて四十九日が過ぎてからにすべき」という声もある。

   とはいえ、川島さんのヌード写真はネットでにわかに「人気」を集めている。すでに一部まとめサイトは「川島なお美さんの全盛期ヌードを粛々と貼って故人を偲ぶメモリアルスレ」「故・川島なお美さんのヌード写真が美し過ぎると話題」というタイトルの、写真だけを集めた記事を公開。また、オークションサイトにも前出の「WOMAN」をはじめとした川島さんの写真集が続々出品されている。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中