ファミリーマートとユニーの経営統合、店舗数でセブン‐イレブンに並ぶ

印刷

   コンビニエンスストア業界3位の「ファミリーマート」と4位の「サークルKサンクス」を傘下にもつユニーグループ・ホールディングス(GHD)が、2016年9月に経営統合することで大筋合意したと、2015年10月8日付の日本経済新聞が報じた。統合が実現すると、コンビニの店舗数は2位のローソンを抜いて、最大手のセブン‐イレブン・ジャパンに並ぶことになる。

   両社は3月に経営統合に向けた協議を開始。8月の合意を目指していたが、作業が遅れていた。ユニーGHDの総合スーパーの収益改善策の擦り合わせなどに時間がかかっていた。 存続会社はファミリーマート。ユニーGHDを吸収合併し、持ち株会社を新設する。コンビニ事業はサークルKサンクスを存続会社とし、新設する持ち株会社の傘下に置くとみられる。

   この報道について、ファミリーマートとユニーグループHDは8日、「当社の発表したものではありません」とのコメントを発表。それぞれ、「(両社が)対等の精神に則り、統合検討委員会を中心として、経営統合に向けた基本合意内容及び発表時期について協議を進めています」としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中