朝日新聞「殺菌商品」記事が炎上状態 「トルマリン」効果の記載に疑問相次ぐ

印刷

   「新商品のシャワーヘッドは、鉱石のトルマリンの作用で水を通せば殺菌できる」。こんなメーカーのうたい文句を紹介した朝日新聞の記事に、ネット上で疑問や批判の声が相次いでいる。

   「殺菌されるはずない」「ダメダメすぎるw」――朝日のサイト上で2015年10月14日に「シャワーヘッド『水通せば殺菌』 福岡のメーカー開発」との見出しで記事がアップされると、ネット上では、こんな声が次々に上がった。

  • 水を通すだけで殺菌?(写真は記事とは関係ありません)
    水を通すだけで殺菌?(写真は記事とは関係ありません)

メーカー「シャワーヘッドを通る水を電気分解」

   記事では、福岡県のあるメーカーが開発したシャワーヘッドが紹介されている。この商品では、「ヘッドの内部に鉱石の『トルマリン』が組み込まれている。同社によると、通った水が電気分解される」などとして、レジオネラ菌などを殺菌や滅菌するとメーカー側は説明したとしている。ヘッド内では、気泡や衝撃波も発生し、薬剤を使わずに細菌を破壊できるともいう。価格は、税別で8800円となっている。

   根拠としては、「財団法人『東京顕微鏡院』の検査でも、殺菌効果があることがわかった」ことが挙げてある。

   トルマリンは、「電気石」とも呼ばれ、微弱な電流を発生するともされる。確かに、業界紙では、水を電気分解してマイナスイオンを発生させると浄水器の紹介などで引き合いに出されることはある。殺菌作用があるとの記述も中には見られた。

   しかし、国民生活センターでは、マイナスイオンをうたった商品の相談が多いとして、2003年9月5日に注意を呼びかけていた。その効果が科学的にはっきりしないと学識経験者から意見が出たからだ。当時はトルマリンのブレスレットなどが人気を集めており、広告などでうたうマイナスイオンの効果は本当なのかと疑問の声が上がっていた。

   この注意喚起は、マイナスイオンによるリフレッシュや疲労回復効果などについてだったが、殺菌効果についても、公的機関などが科学的に立証したケースは見られないようだ。なお、朝日の記事では、マイナスイオンには直接触れていないが、電気分解で発生したマイナスイオンの効果を指していると理解している読者が多いようだ。

「様々な指摘をいただいているので、適切に対処」

   前出のシャワーヘッドについては、検査で殺菌効果が分かったというのは本当なのか。

   一般財団法人「東京顕微鏡院」では、取材に対し、この商品の検査を14年12月に行ったことを営業部の担当者が認めたうえで、次のように説明する。

「レジオネラ属菌の何種類かでヘッドの通過試験をしましたが、殺菌効果については確かめていません。通過した後の水に含まれる菌が最初に添加したときより多いかどうかの結果は出しますが、こちらでは、その評価はしないことになっています。メーカー側がそのデータを見て、自社の判断で効果があったと公表されたのだと思います」

   朝日の記事については、検査で効果が確かめられたとも読めるとして、「困惑しているところです」と漏らす。そのうえで、東京顕微鏡院のホームページ上で近く、シャワーヘッドの殺菌効果について「評価したものではない」との告知を載せることを明らかにした。朝日側とはまだ連絡を取っていないというが、状況によっては何らかの対応を検討するともしている。

   メーカー側に取材すると、マスコミに対応している社長が出張中ということで話が聞けなかった。

   朝日新聞社の広報部では、記事の記述については、「様々なご指摘をいただいておりますので、適切に対処してまいります」とコメントした。また、「シャワーヘッドを通した水に一定の殺菌・滅菌効果が見られたことは、東京顕微鏡院の検査で客観的に裏付けられたと聞いています。東京顕微鏡院から抗議はありません」ともした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中