タカタ製エアバッグの使用中止 ホンダに続き富士重、マツダも

印刷

   自動車メーカーの間で、タカタ製部品を使ったエアバッグの使用を中止する動きが広がっている。ホンダに続き、富士重工業とマツダが、開発中の新車などに使用しない方向で検討している。

   富士重工の吉永泰之社長は2015年11月5日の決算会見で、「今後、販売する新型車ではタカタのインフレーター(ガス発生装置)を使用しない方向で検討している」と述べた。また、「納入に時間がかかっている」とし、交換用としても使用を差し控える。

   マツダの丸本明副社長も、「開発車については硝酸アンモニウムを使ったインフレーターは採用しない方向」と話し、タカタ製エアバッグを使用しない考えを示した。

   タカタは、エアバッグを膨らませるためのガス発生剤として高温多湿に弱い硝酸アンモニウムを使用。米当局はこの硝酸アンモニウムが米国内で死亡事故につながったエアバッグの異常破裂を引き起こした要因とみて、米国での硝酸アンモニウムを使用した製品の納入中止をタカタに強く要請。タカタはこれを受け入れ、最大2億ドルの制裁金支払いなどにも合意した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中