RJCカーオブザイヤー、2016年次はスズキ「アルト」

印刷

   2015年のRJCカーオブザイヤーは、スズキの軽自動車「アルト」が選出された。特定非営利法人 自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が11月10日、栃木県のツインリンクもてぎで、第25回(2016年次)RJCカーオブザイヤーの最終選考を行い、決定した。

   スズキの受賞は14年の軽スポーツ用多目的車(SUV)の「ハスラー」に続き、2年連続、6回目。「アルト」は、燃費がガソリン車として最高の燃料1リットルあたり37キロメートルを達成。車体の軽量化で実現した燃費性能の高さや優れた運転性能が認められた。また、シリーズにはスポーツモデル「ターボRS」や丸みを帯びたデザインの「アルト ラパン」もあって、選択肢の豊富さも評価された。

   なお、カーオブザイヤー・インポートにはBMW「MINI クラブマン」が、テクノロジーオブザイヤーにはトヨタ「フューエル セル システム(TFCS)」が選ばれた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中