ツタンカーメン王の墓に「部屋」発見 美女王妃が眠っている?

印刷

   エジプト考古省は2015年11月28日、古代エジプトのツタンカーメン王の墓に、未発見の部屋がある可能性が高まったと発表した。調査は地中レーダーで行われ、調査メンバーには日本人も含まれている。データはこれから、日本で解析されるという。

   部屋の詳細は不明だが、報道では「絶世の美女」と称されたツタンカーメンの義母、ネフェルティティ王妃の墓である可能性も指摘されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中