藤村俊二、芸能界引退していた 女性自身報じる

印刷

   「オヒョイさん」こと俳優の藤村俊二さん(81)が芸能界を引退していたと、2015年12月8日発売の週刊誌「女性自身」が報じた。事務所社長兼マネージャーを務めていた夫人が同誌の取材に応じ、引退を明かした。

   藤村さんは2011年10月から旅番組「ぶらり途中下車の旅」(日本テレビ系)でナレーションを担当し、独特の語り口で親しまれてきた。だが15年10月24日の放送回では突然「お休み」。以降は理由が明かされないまま、番組常連の旅人たちが代役を務めてきた。

   日本テレビ宣伝部は11月16日、J-CASTニュースの取材に「本人の体調不良のため」と説明したが、あくまで「一時的な休養」であり、降板については否定していた。だが夫人は「ぶらり~」出演について「体調のことも考慮して、10月で降板させてもらうことにしました」と同誌に説明している。

   夫人によると、現在は自宅にいるが、病院と自宅を行ったり来たりしているという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中