北陸新幹線絶好調でJR「西」社員は「一時金」5万円 ネットでは「料金に反映してほしい」の声

印刷

   JR西日本が2015年冬のボーナスとは別に社員に最高5万円の一時金を支給することを決めた。15年3月に延伸開業した北陸新幹線や、全線開業から40周年を迎えた山陽新幹線の業績が好調だったからだ。

   一時金の対象となるのは、契約社員を含めた約3万人。支給額は社員が5万円、契約社員は3万円となる。支給理由は「社員が旅客の満足度を高める努力をしてくれた」ためだという。

  • 2015年3月に延伸開業した北陸新幹線。JR西日本の新たなドル箱になった(写真は2015年2月撮影)
    2015年3月に延伸開業した北陸新幹線。JR西日本の新たなドル箱になった(写真は2015年2月撮影)

予想上回る利益で「大盤振る舞い」

   景気のいいJR西日本のニュースに対し、ネット上では「羽振りがいいな」「うらやましい」「そこまで北陸新幹線は好調だったのか」「社員にではなく、料金に反映してほしい」「社員と契約で一時金にも格差」といったコメントが並び、話題となっている。

   会社に一時金を求めていたJR西労組は余勢を駆って「2016春闘では、今年度の好業績を年間臨給へ反映すること」も要求するという。また、今回の一時金はJR西本体の社員だけが支給対象であるため、「グループ企業でも一時金の支給や期末手当の増額等がしやすい環境を作ること」を要請する考えだ。

   JR西日本では、こうした一時金の支給は珍しいようだが、この大盤振る舞いの背景には好調な業績がある。

   10月末に発表された2015年9月中間決算では、営業利益は予想を上回る前年同期比34.5%という大幅増の1105億円を記録。当初は1397億円としていた2016年3月期通期の営業利益予想を7月末に1620億円に引き上げたばかりだが、10月末にはさらに1715億円へと上方修正した。

開業以来、一日平均2万6000人が利用

   この好調の最大の理由が北陸新幹線だ。開業から9月中旬までの半年間の乗客数(上越妙高-糸魚川間)は482万人で、1日平均だと2万6000人が利用したことになる。昨年と同時期の在来線特急乗客数の3倍に達しており、JR西日本も「当初想定していた2.2倍を上回った」と説明する。運輸収入も4~9月で240億円というから、当初予想した年間収入300億円の8割を半年で稼ぎ出したわけだ。

   北陸新幹線に加え、2015年3月に全線開業40周年を迎えた山陽新幹線も「観光、ビジネス需要ともに堅調なうえ、今年はシルバーウイークで観光需要が上積みされた」(JR西日本)と好調。2015年9月中間決算の運輸収入は前年同期比6.4%増となった。

   一方で、JR西日本は、「北陸新幹線開業の勢いを2年目もまったく落とさずに継続するのは難しい」とみており、2016年以降が正念場になりそうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中