堀江貴文「ホリエモンに代わるあだ名をください」SNSで募集

印刷

   ホリエモンこと堀江貴文さん(43)が2016年1月13日、ツイッターとトークアプリ755で「ホリエモンに変わるあだ名ください」と投稿した。

   この投稿にネットでは「エモン」、「ホリタカ」、「ホリエッティ」「ホリエデラックス」と様々な提案が飛び交っている。中でも特に多く挙がっているのは「ゼンカモン」だ。

   「ホリエモン」という愛称は04年に週刊誌で取り上げられてから広く知られるようになった。同年8月には同氏が所有する競走馬の馬名がホリエモンになったことが話題を呼んだ。ほかにも「たかぽん」という愛称が多く使われており、本人も755のアカウント名をたかぽんで登録している。

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【朗報】美魔女になる方法!

年齢が顔に出にくい"天然の美魔女"もいますが、多くの場合は高い美容意識がカギとなります

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中