堀江貴文「ホリエモンに代わるあだ名をください」SNSで募集

印刷

   ホリエモンこと堀江貴文さん(43)が2016年1月13日、ツイッターとトークアプリ755で「ホリエモンに変わるあだ名ください」と投稿した。

   この投稿にネットでは「エモン」、「ホリタカ」、「ホリエッティ」「ホリエデラックス」と様々な提案が飛び交っている。中でも特に多く挙がっているのは「ゼンカモン」だ。

   「ホリエモン」という愛称は04年に週刊誌で取り上げられてから広く知られるようになった。同年8月には同氏が所有する競走馬の馬名がホリエモンになったことが話題を呼んだ。ほかにも「たかぽん」という愛称が多く使われており、本人も755のアカウント名をたかぽんで登録している。

インヴァスト証券

   仕事をしている人なら、自身の「買いたい」「売りたい」タイミングで取引できるとは限らないし、初心者の「なんとなく」の感覚では痛い目をみるのがオチだろう。そうしたなか、外国証拠金取引(FX)取引の初心者でも「おまかせ」できる、自動売買(システムトレード)の新サービス「フルオート」が誕生し、話題になっている。続きを読む

PR 2016/9/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中