メリー喜多川「解任署名」突然終了の真相 「ジャニーズが圧力?」にファン騒然

印刷

   ジャニーズ事務所のメリー喜多川副社長(89)が事務所を私物化していて、アイドルグループ「SMAP」に対しこれからも酷い仕打ちをするに違いない、として解任を求める署名活動が始まっていたが、わずか4日間でいきなり終了した。

   この署名活動は様々なメディアで取り上げられ、署名の数も急増している矢先だったため、「ジャニーズ事務所の圧力か?」「脅されたんだろうな」「名誉毀損で訴えるってメールが来たんちゃう?」などとネットが騒然となった。

  • 開始から4日間でいきなり終了した「メリー喜多川解任署名」。様々な憶測が流れている。
    開始から4日間でいきなり終了した「メリー喜多川解任署名」。様々な憶測が流れている。

1万人を超えた4日目に「キャンペーンを終了させていただきます」

   「メリー喜多川解任署名」は署名サイト「change.org」で2016年1月17日に始まった。主催者は「SMAP」の解散騒動の元凶は全てメリー副社長にあるとし、

「メリー喜多川氏が事務所を私物化し、牛耳っている限り、たとえSMAPは解散にまで行かずとも、メリー喜多川氏の元で苦しい状況のままです。今まで以上に酷い仕打ちを受ける可能性は大です」

と訴え、事務所の取締役副社長とレコード会社「ジャニーズ・エンタテイメント」の代表取締役社長の解任を求めた。19日、20日とこの署名活動が様々なニュースサイトで取り上げられ、署名の数は急上昇していた。ところが、1万1583人となった21日未明、主催者はいきなり、

「これ以上事を荒立ててSMAPに迷惑をかけたくないので、誠に勝手ながらキャンペーンを終了させていただきます」

との告知を出した。続けて、「決してこの活動は無駄ではなくジャニーズ事務所への怒りと悲しみ、SMAPへの思いが十分に世間に届いたと思う」という趣旨の説明を載せた。

   これを受け、ネットでは、「怖っ!」「潰されたのか?」などとジャニーズから圧力があったからだと考える人が多く続出し、騒然となった。主催者は署名活動の終了が新たな波紋を呼んでいることに対し、「ジャニーズからの圧力は一切ない」と追記をした。その証拠に今回のキャンペーンのページを完全削除していないし、メリー副社長自身から謝罪や弁明がないかぎり自分たちの怒りは治まらない、とした。活動中止の理由としては、

「全て私個人の判断と、皆さんの意見による結果です」

とだけ説明している。しかし、いまだにジャニーズからの圧力説は消えてはいない。

   それにしてもいきなり終了することになった本当の理由は何なのだろうか。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

『汗』が気になる季節到来!

顔汗だらだらで会議も集中できない、メイクも崩れる・・・そんな経験ありませんか?

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中