「ベッキー語」がネットを席巻 「センテンススプリング」流「怪しい英語」飛び交う

印刷

   不倫騒動で揺れるベッキーさんが、交際相手とされる「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんとのLINEに投じた「センテンススプリング!」という言葉が、思わぬ波紋を広げている。ネットユーザーの間で、漢字を1字ずつ英語に直訳する「ベッキー語」を真似する人が相次いでいるのだ。

   そんな中、ベッキーさんは2016年1月23日、レギュラー司会をつとめる「にじいろジーン」(フジテレビ系)に生出演。騒動に触れることなく、いつもと変わらぬ様子で番組を進行していたのだが、ネット上では「ありがとう!レインボーカラージーン!」などと、「ベッキー語」で揶揄する声が飛び交っていた。

  • NHK紅白歌合戦にも出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんは、「ベッキー語」で…?(2015年12月29日撮影)
    NHK紅白歌合戦にも出演した「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんは、「ベッキー語」で…?(2015年12月29日撮影)

カタカナ語が出てきて、IT用語かな?って思ったら...

   「センテンススプリング」とは、16年1月21日発売(首都圏など)の「週刊文春」に掲載された、ベッキーさんと川谷さんのLINEトークの中で登場した言葉だ。

   2人は、文春の記者に直撃取材を受けた後にも関わらず、LINE上で「逆に堂々と(交際)できるキッカケになるかも」「ありがとう文春!」などと、緊張感に欠けるやり取りを続け、ベッキーさんは「センテンス(文)スプリング(春)!」と、「文春」を直訳風に表現してみせた。

   こうしたニュースが伝わると、「センテンススプリング」は21日のツイッターの「トレンドワード」にも登場。翌22日には、ヤフー「急上昇ワード」の1位にランクインした。

   こうして誕生したのが「ベッキー語」だ。漢字を1字ずつ英語に直訳したもので、例えば、川谷さんをベッキー語で表現すると、「リバーバレー(川谷)・ピクチャーサウンド(絵音)」となる。

   ネット上には、

「おまえらベッキー語で自分の名字晒してけ」
「Twitterで検索しようと思ったら知らないカタカナ語が出てきて、IT用語かな?って思ったらベッキー語だった」
「ジャニーさんに謝る機会をウッドビレッジがつくってくれて...」

などといった投稿が多数寄せられており、すっかり大喜利状態になっているようだ。一部のネットユーザーからは「ただのルー(大柴)語じゃねえか」との指摘もあるが、「ベッキー語」派の勢いは止まらない。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中