急速に下がり始めたSMAP「広告価値」 過半数の企業が「CMに起用したくない」理由

印刷

   メンバーの分裂・解散騒動のドタバタ劇で、SMAPの広告価値が下がり始めたようだ。

   今回の騒動を受けて、宣伝会議「Adver Times」編集部が、企業の宣伝部などの広告主(スポンサー)と企業に広告企画などを提案する広告会社に対して、「広告におけるタレント起用」のアンケート調査を実施(回答数は392)。2016年1月25日、その結果を明らかにした。

  • SMAPを、新たにCMに起用する企業は現れるのか・・・
    SMAPを、新たにCMに起用する企業は現れるのか・・・

「事務所が会見を開いて説明・謝罪していない」

   調査では、一連の分裂・解散騒動を受けて、「SMAPの広告タレントとしての価値をどう考えているか」聞いたところ、「低くなった」と回答した人が、「やや低くなった」(28.1%)と答えた人をあわせて62.8%にものぼった。

   「高まった」と回答した人は14.8%(「やや高まった7.4%」を含む)、「変わらない」と回答した人は22.4%だった。

   価値が下がった理由について、広告主からは、

「タレントは、あくまで夢を売る商売。それをテレビで公開謝罪させ、悲壮感を漂わせては、タレントイメージが悪くなり、広告に起用しにくくなる」(女性、40代前半)
「解散騒動で事務所という存在が巨大なものとしてイメージ化され、そのインパクトがネガティブにとらえられている」(男性、30代後半)

といった声が寄せられ、広告会社からは、

「解散の可能性があるタレント、グループとわかったので起用は不安だと思います。もし契約したとしたら、契約期間中ずっと爆弾を抱えているのですから」(女性、30代後半)

などの声があり、ネガティブな印象をぬぐえないでいるようすがうかがえる。

   一方、少数ながら価値が高まったと考える理由には、

「国民的アイドルという認識が広まり、決定的となり、他のタレントとの違いが鮮明になった。関係を修復できれば、今まで以上の広告価値が得られる」(女性、40代後半)

との声が寄せられた。

   また、騒動による反響の大きさからSMAPの価値の高さに改めて気づいたという声や、困難な状況に置かれたSMAPを支援することで、企業イメージが向上するのではないかという声もあった。

   とはいえ、広告主の51.4%、広告会社の47%が「起用したくない」と答えており、その理由の中には、「所属事務所がきちんと会見を開いて、世間に説明・謝罪していない」との声もあった。所属事務所の他のタレントの広告起用にも、広告主と広告会社の約半数が「影響がある」と答えた。SMAPのみならず、ジャニーズ事務所のイメージも低下しているとみられる。

   こうした調査結果に、企業アナリストの大関暁夫氏は、「企業は(SMAPに)高いお金を払って起用しているのですから、イメージダウンにつながるリスクは低いほうがいい。分裂、解散しないことを事務所はまだ明言していませんし、リスクは高いままです。(広告価値が下がっているのは)当然の流れでしょう」と話している。

インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中