石坂浩二「74歳で、虐められるとか泣けてくるな」 「なんでも鑑定団」での仕打ちに同情集まる

印刷

   2016年で23年目を迎えるテレビ東京の看板番組「開運!なんでも鑑定団」。俳優の石坂浩二さん(74)は第一回の放送から司会者の一人として番組を盛り上げてきたが、2016年3月いっぱいの「降板説」も出始めた。

   2年以上前から収録中のトークがカットされていて、まるで「存在していない」ように扱われていた。「降板」と「無視」が明らかになると、ネットでは「石坂浩二がかわいそうすぎる」という同情と、功労者に対し酷い仕打ちではとしてテレビ局側への批判も出ている。

  • 居ないことにされている?テレ東「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二に同情の声。(画像はテレビ東京の同番組ホームページ)
    居ないことにされている?テレ東「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二に同情の声。(画像はテレビ東京の同番組ホームページ)

「石坂さんはオープニングからよく喋っていましたよ」

   「石坂浩二が画面に出ない」「不自然な感じに編集されている」。そんな疑問がネット上に出たのは2年以上前の話になる。出品者と鑑定士とを繋ぐご意見番的な役割で番組を盛り上げ、うんちくで視聴者を唸らせていたのに、このところ存在感が極めて薄くなっている。16年1月26日の放送を見ても石坂さんのトークはなく、挨拶すら不自然に切られているように聞こえた。こうした扱いへの疑問は、石坂さんの番組降板の噂とともに爆発し、石坂さんへの同情とテレビ東京に対する批判へと変わった。ネット上では、

「石坂さん可哀相過ぎだろ...」
「74歳で、職場で虐められるとか泣けてくるな」
「台詞カットして、喋れない老人という印象付けして、降板止むなしと視聴者に思わせたかったんやろなぁ」
「ふざけてんのか?あの番組石坂さんいなきゃなんの価値もないじゃないか」

などといった書き込みが掲示板に出た。

   意図的に石坂さんのトークはカットされているのか、スタジオ観覧をしたことがあるというテレビ局の事情に詳しい都内の男性会社員に話を聞いてみた。すると、

「石坂さんはオープニングからよく喋っていましたよ。うんちくも披露し、かなり頑張っているという感じでした」

という。放送ではそうしたトークが全てカットされていた。

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

【お仕事募集中】「カス丸仕事しろ!」

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中