石坂浩二「74歳で、虐められるとか泣けてくるな」 「なんでも鑑定団」での仕打ちに同情集まる

印刷

   2016年で23年目を迎えるテレビ東京の看板番組「開運!なんでも鑑定団」。俳優の石坂浩二さん(74)は第一回の放送から司会者の一人として番組を盛り上げてきたが、2016年3月いっぱいの「降板説」も出始めた。

   2年以上前から収録中のトークがカットされていて、まるで「存在していない」ように扱われていた。「降板」と「無視」が明らかになると、ネットでは「石坂浩二がかわいそうすぎる」という同情と、功労者に対し酷い仕打ちではとしてテレビ局側への批判も出ている。

  • 居ないことにされている?テレ東「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二に同情の声。(画像はテレビ東京の同番組ホームページ)
    居ないことにされている?テレ東「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二に同情の声。(画像はテレビ東京の同番組ホームページ)

「石坂さんはオープニングからよく喋っていましたよ」

   「石坂浩二が画面に出ない」「不自然な感じに編集されている」。そんな疑問がネット上に出たのは2年以上前の話になる。出品者と鑑定士とを繋ぐご意見番的な役割で番組を盛り上げ、うんちくで視聴者を唸らせていたのに、このところ存在感が極めて薄くなっている。16年1月26日の放送を見ても石坂さんのトークはなく、挨拶すら不自然に切られているように聞こえた。こうした扱いへの疑問は、石坂さんの番組降板の噂とともに爆発し、石坂さんへの同情とテレビ東京に対する批判へと変わった。ネット上では、

「石坂さん可哀相過ぎだろ...」
「74歳で、職場で虐められるとか泣けてくるな」
「台詞カットして、喋れない老人という印象付けして、降板止むなしと視聴者に思わせたかったんやろなぁ」
「ふざけてんのか?あの番組石坂さんいなきゃなんの価値もないじゃないか」

などといった書き込みが掲示板に出た。

   意図的に石坂さんのトークはカットされているのか、スタジオ観覧をしたことがあるというテレビ局の事情に詳しい都内の男性会社員に話を聞いてみた。すると、

「石坂さんはオープニングからよく喋っていましたよ。うんちくも披露し、かなり頑張っているという感じでした」

という。放送ではそうしたトークが全てカットされていた。

「石坂さんとは良好な関係。非常に心外です」とテレ東広報

   その男性会社員には、石坂さんが話を始める度に番組スタッフの顔が曇るように見えた。また、トークが長すぎ、テーマとは関係が薄いうんちくを突然語り出すことにも気が付いた。

「石坂さんのトークを削って放送しているのは間違いありません。その背景には、スタッフとの関係がギクシャクしていることだけではなく、石坂さんのトークが長すぎてどこを使ったらいいか分からない、というスタッフの悩みもあると思います。降板が囁かれる背景には石坂さんのギャラが高いことも関係しているのではという気もします」

と説明した。

   テレビ東京の広報に「開運!なんでも鑑定団」での石坂さんの扱いについて聞いてみた。

「石坂さんの出番が少な過ぎると感じている方がいるのかもしれませんが、番組を制作する上で長い時間カメラを回し、演出意図を踏まえ、放送時間枠に合わせて編集します。どれを使うのか取捨選択は番組判断で行われます」

と話した。つまり、石坂さんのトークは番組内容に合わなかったか、特に必要なかった、ということらしい。3月末で降板するのかについては、3月は局の番組の大幅な改変期にあたるため、「開運!なんでも鑑定団」だけでなく全ての番組で改編を検討している、としたうえで、

「今回の報道では当局が石坂さんに対し、『解雇通告をした』などといったものが出ました。当局と石坂さんは現在も良好な関係にあり、非常に心外であると思っています」

と広報は話した。石坂さんの所属事務所にも話を聞こうとし電話をしてみたが、「担当者は不在」ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中