ベッキー&川谷がデートした「高級蕎麦店」に行ってみた いかにも「隠れ家的」で「密会」にはぴったりだ

印刷

   「2人のデートは中目黒の店が多かった」。タレントのベッキーさん(31)とロックバンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さん(27)の不倫騒動をめぐり、週刊文春が2人の「デートスポット」を明かした。

   人目を気にしながらデートを重ねていたという2人は、いったいどんな飲食店を利用していたのか――。記者は、2人が訪れたという中目黒の高級蕎麦店に行ってみた。

  • 文春が明かしたベッキーさんと川谷さんの「密会」現場
    文春が明かしたベッキーさんと川谷さんの「密会」現場
  • ベッキーさんと川谷さんもこの蕎麦を食べたはず
    ベッキーさんと川谷さんもこの蕎麦を食べたはず
  • ベッキーさんが「行きつけ」だという鶏鍋店
    ベッキーさんが「行きつけ」だという鶏鍋店

蕎麦店というより小洒落たカフェのよう

   「ゲス&ベッキー 本誌が掴んで書かなかった『禁断』情報」と銘打った特集記事を掲載した2016年1月28日発売の週刊文春(2月4日号)。実際の記事はこれまでのエピソードをまとめた「総集編」といった内容だが、新たに2人がデートで利用していた飲食店やホテルの情報が明かされた。

   記事によると、ベッキーさんと川谷さんは主に中目黒でデートを重ねていたという。これまでも、中目黒の鶏鍋店が「2人の仲が急接近した」場所として報じられていたが、今回は2人がデートの場として使った「高級蕎麦店」の情報が明らかになった。

   目黒川沿いにあるその蕎麦店は、いかにも「隠れ家的」といった趣だ。大通りから外れた白塗りのビルの一角にあり、外観は蕎麦店というより小洒落たカフェのよう。店内も「和風モダン」といった雰囲気で、スピーカーからは小気味よいジャズが流れていた。

   オープンスペースの客席は30席ほどで、ほかに個室が1つ。個室とオープンスペースは細い廊下で区切られており、一般の席からは室内の物音すら聞こえない。人目をはばかる2人の「密会」にはうってつけともいえるスペースだ。

   そんな個室で2人が食べた蕎麦は、どんな味だったのか。記者は同店の定番メニューだという「出雲割子蕎麦」を注文した。

   石臼で挽いた蕎麦粉を使ったという麺は香りが強く、うどんと見紛うほどの太さが際立つ。固めに茹でられた太麺は、ベッキーさんの釈明会見とは正反対ともいえる「歯切れの良い」食感が印象的だった。ちなみに、値段は蕎麦に前菜3品と飯料理がついたセットで約1500円。

インヴァスト証券

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1のインヴァスト証券に聞くと......続きを読む

PR 2016/7/19

結婚A

   長年に渡り支持される理由はどこにあるのか。「相談所で働くスタッフから見た婚活の舞台裏」を聞いた。続きを読む

PR 2016/7/07

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中