出版取次、「コミックの太洋社」が自主廃業へ

印刷

   中堅の出版取次業、太洋社(東京・千代田区)が自主廃業の準備に入ったと、企業情報の帝国データバンクなどが2016年2月5日に伝えた。8日にベルサール汐留で取引出版社向けに説明会を開催する予定。「事業の行く末を見据えると、いずれ自主廃業を想定せざるをえない」という。

   2月末の資金繰りの手当は付いているものの、今後、不動産を中心とする重要資産の売却や売掛金の回収を徹底する。また、出版社向けの買掛金の支払いを確実にするために、取引書店の同意を得たうえで、別の取次業者への変更を要請していくとしている。

   太洋社は1946年3月創業。書籍や雑誌、教科書などの取次販売を手がけ、「コミックの太洋社」という評価もあり、2005年6月期には年間売上高で約487億円を計上した。しかし、バブル崩壊後の需要減少や、インターネットや電子媒体の普及で得意先の中小書店への売り上げが大きく減り、15年6月期の売上高は171億円まで落ち込んでいた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中