「今時の中高生女子はコワイ」、男子相手に「金要求」「暴力」 「デートDV」の仰天実態に驚きの声

印刷

   大阪府の高校生グループが中高生を対象に実施した「デートDV」をめぐる実態調査で、男子生徒の「被害者ぶり」が浮き彫りとなった。男子生徒が女子生徒に「暴力を受けた」割合は、立場が逆だった場合の2倍以上。交際相手に「暴言を嫌と言えない」男子生徒も、女子生徒より多かった。

   「デートDV」とは、未婚の恋人間で起こる暴力やハラスメント行為の総称だ。DVは「男性によるもの」――そんなイメージが強かったためか、ネットでは「今までの常識がくつがえる」「今時の女子はコワイのぉ」と驚きの声が寄せられている。

  • 「今までの常識がくつがえる」との声も(画像はイメージ)
    「今までの常識がくつがえる」との声も(画像はイメージ)

「下着姿や裸の画像を求められると断れない」男子生徒が23%

   調査は、生野区社会福祉協議会や生野区役所の調査に参加する高校生が2015年7〜11月、府内の中学校、高校に通う約1000人を対象に書面で実施。デートDVを「お金要求」「性的強要」「LINEチェック」「暴力」「暴言」の5種類に分け、経験の有無や「拒否できるか」を聞いた。

   計105人の中学生(男子55人、女子50人)、計886人の高校生(男子300人、女子586人)に得た回答を性別で割り振った結果、女子生徒の2倍を超える男子生徒が交際相手から暴力を受けた経験があると分かった。

   種類ごとに差はあるものの、「性的強要」以外すべて男子生徒が女子生徒を上回った。また、「暴言を嫌と言えない」男子生徒は30%なのに対し女子は21%、「下着姿や裸の画像を求められると断れない」高校生も男子生徒が23%で女子生徒が17%。デートDVを「拒否できない」男子生徒の姿が浮かび上がった。

   マスコミ報道では主に男性による女性への暴力を「DV」と呼んできたが、今回の結果はそうしたイメージを大きく「裏切った」。

   ツイッターでは、

「今までの常識がくつがえるわ」
「驚くべき結果です」
「今時の女子はコワイのぉ」

との声が出たほか、複数の女性ユーザーは「他人事じゃない」「気をつけないとな」とつぶやいている。

インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中