「育休議員」宮崎謙介氏、妻入院中にタレントと「不倫」報道 「何がイクメンだ」の声ネットで噴出

印刷

   育児休暇を求めて論議となった自民党の宮崎謙介衆院議員(35)が、妻の出産入院中に女性タレント(34)と不倫していたと、週刊誌などが報じた。ネット上では、何を考えて育休を取ろうとしたのか、と疑問の声が噴出している。

   宮崎議員の「不倫」を報じたのは、2016年に入ってスクープを連発している週刊文春だ。

  • 長男誕生を報告したばかりだったが…(画像は宮崎議員のホームページのスクリーンショット)
    長男誕生を報告したばかりだったが…(画像は宮崎議員のホームページのスクリーンショット)

京都の自宅に女性を招き入れて1泊?

   発売前日の2月9日に載った文春サイトの記事によると、宮崎氏は1月30日、京都市内の自宅に東京から訪れた女性タレントを招き入れ、女性は1泊して帰った。宮崎氏は、この6日後の2月5日、妻で同じ自民党の金子恵美衆院議員(37)が都内の病院で男児を出産したときに立ち会っている。

   宮崎氏の「不倫」については、文春が報じる情報があると、スポーツニッポンが9日朝に先立って記事にしている。

   それによると、宮崎氏が女性を自宅に入れたとき、妻の金子氏はすでに入院中だった。自民党でも、宮崎氏のことをすでに把握しており、宮崎氏が所属する二階派が本人に事情を聴いていると関係者が明かしたという。

   宮崎氏は09年、加藤紘一元自民党幹事長の長女の加藤鮎子衆院議員(36)と結婚から3年で離婚しているが、このときは、宮崎氏の女性問題が原因で加藤氏から離婚を求められたと記事には書かれている。

   宮崎氏が女性と密会していたとされる1月30日は、宮崎氏のブログを見ると、京都市長選の応援演説で地元に戻っていた。相手の女性がだれなのかは、文春にも書かれていないが、文春が宮崎氏に電話取材した直後に、女性タレントのブログやツイッターから30、31日両日の記述が削除されたという。

   こうした情報から、ネット上では、女性タレントの名前が具体的に指摘された。

年収2000万円part1

   景気回復の影響で求人市場が活性化している。中でも注目されているのはヘッドハンティングだ。1000人以上のヘッドハンターが登録している「Bizreach」によると......続きを読む

PR 2016/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

"暑い夏に辛いものを食べるといい"と聞いたことは?今回はカレーの秘密についてご紹介。

メンズ

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中