北陸新幹線「敦賀」以西ルートは5案乱立へ 参院選前の決着めぐり「我田引鉄」の混迷

印刷

   北陸新幹線の敦賀(福井県)から先の大阪までの延伸区間について、2016年に入り、議論が風雲急を告げている。事業を担うJR西日本が1月末、福井県小浜市と京都駅を結んで新大阪駅につなぐ独自案を与党プロジェクトチーム(PT)に提示。関西の8府県・4政令指定都市が地方自治法の規定に基づいて組織する関西広域連合(連合長・井戸敏三兵庫県知事)は「米原ルート」を優位とする広域連合の提案を白紙に戻した。

   「小浜~京都ルート」が有力になったと思えなくもないが、逆に関西国際空港までつなげる案も浮上するなど、従来の3案が5案乱立の状態になり、一層混迷してきたとの見方も出てきた。与党は参院選を前にした5月をめどに候補を絞り込む方針だが、多くの自治体の利害が絡んで調整は難航必至だ。

  • 北陸新幹線をめぐる新たな「我田引鉄」合戦が始まっている(写真は2015年2月撮影)
    北陸新幹線をめぐる新たな「我田引鉄」合戦が始まっている(写真は2015年2月撮影)

JR西の「小浜―京都」提示で「敦賀―米原」が白紙に

   北陸新幹線は金沢まで開通済みで、金沢―敦賀間も建設中だが、敦賀以西の近畿圏につながるルートは決まっていない。与党PTが検討していたのは、①敦賀から琵琶湖東側を通って米原駅で東海道新幹線につなぐ「米原ルート」(広域連合の試算で約44キロ、建設費5100億円)、②琵琶湖の西を通る「湖西ルート」(同約81キロ、7700億円)、③小浜市から新大阪駅に直接向かう「小浜ルート」(約123キロ、9500億円)――の3案。広域連合は2013年4月、工期や建設費の面で米原が「最も優位」として国に要望した。

   だが、2016年の年明けから議論が急展開。大阪府の松井一郎知事は1月21日の与党PTに出席し、「米原ルート」にこだわらない考えを表明。JR西日本が26日、与党PTに第4案となる「小浜・京都ルート」を新たに要望。広域連合は28日、JR西日本から説明を受けたのち、「米原ルート」を推すことを撤回した。

   JR西日本は従来の3案の建設費や所要時間、経済効果などを検討する過程で、昨夏に「小浜・京都ルート」という新たなオプションを提示していた。今回、与党PTに意見を求められて正式に示したもので、京都・北陸間の利用客の多さ、新大阪まで乗り換えがないなどが利点とされる。一方、米原ルートについては、「乗り入れる東海道新幹線のダイヤの問題や、システム統合など技術的課題がある」(来島達夫副社長)と複数の難点を挙げている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中