宿題を破り、「間違えたら殺す...」 「ゲーム機バキバキ」だけじゃない高嶋ちさ子の衝撃子育て

印刷

   「息子のゲーム機バキバキ事件」が炎上したのをきっかけに、バイオリニスト・高嶋ちさ子さん(47)の過去の発言がインターネット上で次々と発掘されている。

   かねて息子2人との日常をツイッターで紹介してきた高嶋さんだが、中には、今回の話に匹敵するような仰天子育てエピソードもある。

  • 2人の息子を育てている高嶋さん(画像は公式サイトのスクリーンショット)
    2人の息子を育てている高嶋さん(画像は公式サイトのスクリーンショット)

他のママ達が怖すぎて近づけなかった

   たとえば2014年8月のツイートだ。

「昨日キレて破った子供の日記と宿題。私が破いたから、私に修復の義務があるのか、破く気持ちにさせた息子が修復すべきか...」(25日投稿)

   どうやら息子の何らかの言動に怒り、日記と宿題をビリビリに破いてしまったらしい。

   実は前日は、高嶋さんの誕生日だった。それだけにイライラも一段と募ったのか、24日当日にも「せっかくの誕生日。バカな息子達を怒鳴り続け、それでも言うことを聞かないので9月に家出をする決心をした」とつづっていた。宿題破きは怒鳴り続ける中で起きた出来事だったのだろう。

   15年9月には、長男が徒競走で3位だったことについて「まさかの3位。ショックで何をする気も起きない...。なんなんだよ」(28日投稿)と不満を漏らしていた。

   何人中3位だったのか分からないものの、ベスト3入りは決して悪い結果ではないはずだ。それでも、高嶋さんにとっては納得できなかったようで「別にいいじゃん」と対照的な反応を示した夫にまで「キレまくった」そう。

   あまりの剣幕だったのか、「他のママ達が怖すぎて近づけなかったって」とも。さすがにこれには「馬鹿だね私。反省」としたが、「けど、別にいいじゃんには同意できない」と最後まで結果にこだわった。

   息子たちも、そんな母親の怖さをすっかり理解しているようだ。つい最近のツイートでは、チェロの発表会を翌日に控えた次男の様子をこんなふうに伝えていた。

「今『練習で間違えたくらいであんなに怒るんだから、発表会で間違えたら殺すんでしょ』と泣いてます」(16年1月10日投稿)

武田鉄矢「良い子育てなさってると思う」

   2月12日付の東京新聞に掲載され、波紋を呼んだコラム「ゲーム機バキバキ事件」は、家庭内ルールを破り、ゲーム許可時間外に遊んだ息子のゲーム機を「バキバキ」に折って破壊した、というもの。息子2人に対しては、ゲームができないことより、母親の信用を失ったことを嘆くよう説教したそうだ。

   コラムは1週間たっても注目を集め、21日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)でもこの話を取り上げていた。

   番組では、「ルールを破った子どもの考えが甘かったのかな」と指摘したタレントのIVANさん(32)や、「高嶋さん良い子育てなさってると思う」と話した武田鉄矢さん(66)など、擁護側に回るコメンテーターもいた。

   友人であるバイオリニストの葉加瀬太郎さん(48)も22日、ツイッターで「ゲーム機を壊す事の良否は結構、でもそれだけで彼女の人格をとやかく言う事は間違ってます」と炎上に反論し、

「もし彼女の人間性に何か言いたいのなら、まず彼女の音楽を聴いてからにしなさい。あんなに純粋で美しい音色を奏でられる人に悪い人がいるわけがないから」

と擁護した。

   日々のツイートでは息子たちとの微笑ましいエピソードも紹介しているのだが、衝撃的な過去ツイートのインパクトも相まって、ネット上では「毒親」認定をされる事態に。今回の件を通じてすっかり過激なイメージが定着してしまったようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中