「二宮金次郎」が「歩きスマホ」を誘発する? 学校から撤去、「座って本読む」銅像も登場

印刷

   薪を背負い、歩きながら本を読む――。勤労・勤勉の象徴としてお馴染みの「二宮金次郎像」が、時代の流れに合わせて姿を変えている。栃木の小学校に新しく設置されたのは、「座って本を読む金次郎像」だった。

   今回、金次郎の座像が登場した背景には「歩きスマホ」の問題があるという。過去には、歩きながら読書する金次郎像に対し「子供が真似したら危険だから撤去すべき」との批判が保護者から寄せられた例もある。

  • 立って本読む「金次郎像」は教育的に問題あり?
    立って本読む「金次郎像」は教育的に問題あり?

「時流を考えれば、座像の方が『適切』だと考えた」

   「座って本を読む金次郎」の像が2016年3月1日に設置されたのは、栃木県日光市・今市(いまいち)地区にある南原小学校だ。今市は金次郎終焉の地として知られ、地区内には民間も含めて20個以上の像がある。だが、金次郎の少年時代をかたどった「座像」が設置されるのは今回が初めて。

   南原小学校に金次郎の座像を寄贈した地元団体「報徳道研修 いまいち一円会」はJ-CASTニュースの取材に、

「歩きスマホの危険性などが問題視される中、学校でも生徒に『ながら行動』をしないように指導していると聞きます。こうした時流を考え、本を読みながら歩く金次郎の像よりも、座像の方が適切だと考えました」

と答えた。その上で、「たとえ座っていたとしても、金次郎の勤労・勤勉の精神は生徒に伝わると思います」とも続けた。

   また、同会が「金次郎像の姿を子どもが真似したら危険だ」との指摘を直接受けたことはないというが、以前からこうした意見を耳にすることはあったそうだ。確かに、ニュースサイト「毎日.jp」が12年1月25日に配信した記事によると、保護者から「(金次郎像のように)歩いて本を読むのは危険」という意見が滋賀県大津市の教育委員会に寄せられたという。

   ただ、金次郎の「座像」が設置されるのは今回が初めてではない。栃木県の「二宮尊徳資料館」によると、児童が像の真似をすると交通安全上問題があるため、戦後に入って「座って本を読む金次郎」や「本ではなく草鞋を手に持った金次郎」など、新しいタイプの像が立てられたという。

金次郎は「歩きながら本を読んでいたわけではない」

   16年3月1日放送の「あしたのニュース」(フジテレビ系)でも、全国の小学校で金次郎像の撤去が進んでいることが特集された。撤去の理由は、保護者などから「勤勉の精神が時代に合っていない」「ながら歩きは危険だ」といった声が上がったため。小学校を追いやられた金次郎像のなかには、なぜか居酒屋に寄贈されたケースもあるという。こうした報道に対し、ネット上では、

「ながら歩きは危険だけど、金次郎はそんなこと教える目的で学校にいる訳じゃない」
「何でもかんでもケチをつける暇な奴が多いんやな」
「呆れますな。 何でも無くせばいいってもんじゃないのに」

などと批判的な声が数多く寄せられた。一方で、「確かにあのポーズは歩きスマホを誘発する」「ずっと前から思ってた」などと、撤去に賛同する意見もゼロではなかった。

   だが、そもそも金次郎が像のように歩きながら本を読んでいた事実はないという。そうJ-CASTニュースの取材に明かしたのは、金次郎の生地である神奈川県小田原市の「尊徳記念館」だ。

「原典といわれる『報徳記』を見ると、像の姿で知られるあの場面には『誦(そらんじる)』という表現が使われています。ですので、正しい解釈は『薪を背負って歩きながら、勉強した内容を暗唱していた』となります」

   歩きながら読書する金次郎の姿が初めて描かれたのは、1891年に出版された子ども向けの伝記「二宮尊徳翁」(著・幸田露伴)の挿し絵だという。同館は「勤労・勤勉という2つのコンセプトを子どもに分かりやすく伝えるため、手に本を持った姿で描いたと思われます」と分析している。

   ――金次郎の功績を分かりやすく伝えようとした先人の配慮が、現代になって「大きな誤解」を招く要因となってしまった。何とも皮肉な顛末である。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中