黒ずくめの暴漢に襲われて拉致... 「イッテQ」いとうあさこドッキリに「シャレにならん」と批判殺到

印刷

「普通の神経してたらあんな企画思いつかない」

   そんな様子を見た同伴のスタッフがようやく、「たった1日でトラブルに巻き込まれる可能性低いじゃないですか。なので皆さんにご協力頂きました」とドッキリだった旨を本人に説明。確かに、ドッキリにしてはやや「リアルすぎた」と言えるだろう。

   そう思った視聴者は多かったらしく、ツイッターでも

「やったら本当にダメなやつだ」
「シャレにならない」
「悪意しか感じられない」
「普通の神経してたらあんな企画思いつかない」

と批判が巻き起こった。

   この日の放送では、「不倫騒動」で休業中のタレント・ベッキーさん(31)に代わり、初めていとうさんがコーナー紹介を担当した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中