女医の脇坂英理子容疑者を逮捕 診療報酬をだまし取った疑い

印刷

   指定暴力団「住吉会」系組長らによる診療報酬詐欺事件をめぐり、診療報酬をだまし取ったとして、警視庁は2016年3月9日、タレントで医師の脇坂英理子容疑者(37)を詐欺容疑で逮捕した。共同通信などが報じた。

   9日付け産経新聞電子版によると、脇坂容疑者は運営するクリニックの患者数百人を何度も診察したかのように装って、健康保険から支給される診療報酬を詐取した疑いが持たれている。クリニックは12年6月に千葉県船橋市で開院し、その後東京都目黒区に移転。15年5月に閉院している。

   警視庁は、だまし取った診療報酬の一部が暴力団の資金源になっていたとみて調べを進めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中