元巨人・笠原が古巣へ宣戦布告? 「賭博問題」受けツイッターで明かした決意とは

印刷

   2016年3月14日付のサンケイスポーツで、巨人の野球賭博問題について「激白」した、元投手の笠原将生氏(25)が同日朝、ツイッターを更新。「沈黙を続けてすみませんでした」とした上で、「これからはもっと真実を言って行きます」と表明した。

   巨人は16年3月13日、笠原氏が事実を歪曲した情報を新聞や週刊誌に持ち込んでいる、などとして、日本野球機構(NPB)へ緊急の対応を要請したと発表していた。

  • 渦中の笠原氏がツイッターで「反撃」(画像はツイッターのスクリーンショット)
    渦中の笠原氏がツイッターで「反撃」(画像はツイッターのスクリーンショット)

「これからはもっと真実を言って行きます」

   笠原氏は16年3月14日朝、ツイッターを更新し、「『暴露』と言うより ある人物の告白に基づいて証言しました」と、同日のサンケイスポーツに掲載された独占インタビューの内容を踏まえた文章を投稿。続けて、

「沈黙を続けてすみませんでした。これからはもっと真実を言って行きます」

と述べた。

   さらに、「でも守りたかった、、でも俺が誘ったのが全て悪い 電話したのも本気で謝りたかった」と続け、自らが野球賭博に誘ったとサンスポ紙面で明かした高木京介投手に対する思いを明かした。ツイートの終わりには、「申し訳ございません」と反省の弁も述べた。

   インタビュー記事掲載直後に更新された笠原氏の投稿に対し、ツイッターでは、

「そんなに球団を苦しめて楽しいですか? 真面目に野球をやってる選手達に申し訳ないと思ってないからそんなことができるんですよ」
「記者会見開いて真実全部話して全国の野球ファンに謝罪してください。Twitterじゃなくて」

と手厳しい反応が寄せられる一方、

「野球界のためにこれからもドンドンぶっちゃけてください!」
「正直に言えて凄いと思います!」

と期待する声も出ている。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中