「大炎上」校長発言に「どこが悪いの?」と擁護論も 「キャリアより出産」めぐり賛否

印刷

   大阪市立茨田(まった)北中学校の男性校長(61)が、「女性はキャリアより出産を優先させるべき」との内容の発言をしたことが報じられ、ネット上で賛否両論になっている。市教委は軽率な発言だとして処分を検討しているが、校長は、間違ったことは言っていないと反論している。

   「今から日本の将来にとって、とても大事な話をします」。校長は2016年2月29日にあった全校集会の朝礼講話でこう切り出した。

  • 女性に押し付けかを巡って論議に(写真はイメージ)
    女性に押し付けかを巡って論議に(写真はイメージ)

市教委は処分を検討も、「間違っていない」と反論

   この講話の要旨は、学校ホームページで3月12日に掲載された。それによると、校長は、「特に女子の人は、まず顔を上げてよく聞いてください」と呼びかけたうえで、こう発言した。

「女性にとって最も大切なことは、子供を2人以上生むことです。これは仕事でキャリアを積むこと以上に価値があります」

   その理由として、校長は、少子化が進むと日本が消えてしまうからだと説明した。そして、2人以上産めば、その子供は無料で国立大学の望む学部に能力に応じて入学できる権利を与えたらよいという意見に賛成を表明した。子育ての後に大学に行って仕事をするべきだとも主張し、体の具合で子供を持てない人も里親になることはできるとした。

   男性についても、「子育ては、必ず夫婦で助け合いながらするものです。女性だけの仕事ではありません」と指摘した。そのうえで、生徒たちに、「子育てをしたらそれで終わりではありません。その後、勉強をいつでも再開できるよう、中学生の間にしっかり勉強しておくことです」と呼びかけた。

   校長の発言については、3月2日になって大阪市教委に匿名で批判する電話があった。校長は、間違ったことは言っていないと釈明したが、市教委は、軽率な発言だとして処分を検討している。

   こうした内容が11日になって共同通信に報じられると、ネット上では、発言の是非を巡って論議になった。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

創刊10周年を迎え新たなステージでのスタートを切るJ-CASTニュースで、あなたの経験と知恵を生かしませんか?

【夏到来】気になるワキの汗ジミ、ニオイの悩みを解消したい!

ワキ汗・ニオイ治療は驚きの進化を遂げていました

ハイクラス転職 狙うなら今!

もっとも多くの敏腕ヘッドハンターが集まるサイトで、あなたキャリアをアピールしてください。

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中