授業の質は高いのに低料金!
eラーニング「Udemy」の初心者向けPhotoshop講座が超おすすめな理由

印刷

   Adobe Photoshop(アドビ フォトショップ)は画像補正・加工ソフトの定番だ。メニューの豊富さは競合製品を圧倒する。色調補正だけならデジカメ付属のレタッチソフトやInstagramで足りるかもしれない。しかしカッコよく文字や図柄を挿入したり、複数の画像を合成して1枚の作品を作ったりしたいなら、Photoshopにかなうものはない。

   手っ取り早い学習方法は誰かに習うこと。ところが教えてくれる人を見つけるのは容易なことではない。Udemyの「未経験からプロを目指す!実践PhotoshopCC講座」は、1000人以上の卒業生がいる日本のWebデザインスクールが提供する、eラーニングのコースだ。画像の拡大・縮小から切り抜き、レイヤーの使い方、ロゴの作成、ポスター制作、Webページ用素材の制作といった授業を通じ、実践力を身につけていく。

news_20160315130617.jpg

これでPhotoshop初心者を卒業だ!

   本コースの特徴は、機能説明よりも実技に重きを置いている点だ。テーマの配分としては、色調補正よりも画像合成の比重がやや高い。デジカメの性能がアップし、誰でもキレイな写真を簡単に撮影できるようになったことを考えれば、正しい判断と評価できる。

   本講座のレクチャー数は全85回で、動画の再生時間は合計8.5時間。時間が短いと感じる人もいるだろう。しかし演習時間分がないことを考慮すれば、通学コースの30~40時間、いやそれ以上のレッスン時間に相当するのではないか。学費が10万円以上してもおかしくないところ――なんと1万2800円で全サービスを受けられる(※)。

※2016年4月4日価格改定を予定

   低料金ながらコースの質は通学コース以上かもしれない。Photoshopに必須の概念「レイヤー」を説明する場面では、スライドで分かりやすく解説する

   動画を視聴してハッとさせられたことがある。一見複雑そうに見えるインターフェースも、正しく使いこなせば作業の効率化につながるということだ。記者は旧バージョンのPhotoshopを普段使っている。「最新版だとこんな便利な使い方もできるのか。これならバージョンアップした方がいいな」と思った。

   実技に必要な画像素材はすべて無料でダウンロードできる。これらを全部マスターしたとき、あなたはもう初心者レベルを卒業しているはずだ。

   J-CAST読者にうれしいお知らせがある。今回紹介した講座がUdemyの日本上陸1周年を記念して期間限定で無料体験を実施中。是非この機会に世界で人気のサービスを体験してみては?


   未経験からプロを目指す!実践PhotoshopCC講座



news_20160316165829.jpg

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中