はんにゃ川島、腎臓がんだった 手術受け「今はすごく元気」

印刷

   お笑いコンビ「はんにゃ」の川島章良さん(34)が2016年4月4日に放送された「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)の2時間スペシャルに出演し、腎臓がんの手術を受けていたことを初めて明かした。

   当時交際していた女性(現在の妻)が妊娠したことから、結婚前に「体をきれいにみておこう」と考えて2014年11月に健康診断を受診。すると、腎臓にがんが見つかったという。

   当初はパニックになったが、妻から「赤ちゃんががんを見つけてくれたんだよ」と言われ、「『見つけてくれた』って言葉で、気持ちが楽になった」と振り返った。

   相方の金田哲さん(30)からは休養を提案されるも「迷惑はかけたくない」として、正月休みに入院して手術を受けた。15年1月には仕事に復帰。16年に入ってから受けた検査でも再発はしていなかったといい、「今はすごく元気」と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中