日清「カップヌードル」CM、1週間で突然「放送中止」 矢口真里、新垣隆ら起用に批判殺到して「謝罪」

印刷

   日清食品は2016年4月7日、3月30日から放送開始されたタレント・矢口真里さんも出演する新CMをとりやめると発表した。

   不倫騒動から復帰後初のCM出演となった矢口さん。31日のブログで「オファーを受けた際に1人で泣いた」などと喜びを爆発させていたのだが...。

  • 矢口さんは「二兎を追う者は一兎をも得ず」と力説(YouTubeで公開されていたCM動画より/現在は非公開)
    矢口さんは「二兎を追う者は一兎をも得ず」と力説(YouTubeで公開されていたCM動画より/現在は非公開)
  • CMテーマは「CRAZY MAKES the FUTURE.」
    CMテーマは「CRAZY MAKES the FUTURE.」
  • 特設サイト上に掲載された謝罪ページ
    特設サイト上に掲載された謝罪ページ

「不倫に関係している」「虚偽を擁護している」とクレーム殺到

   今回放送とりやめとなったCMは「カップヌードル」の新CM「OBAKA's UNIVERSITY」シリーズ。「世界に通用するグローバルおバカ人材の育成を目指す大学『OBAKA's UNIVERSITY』」の「学長」としてお笑いタレントのビートたけしさんが登場し、矢口さん含め、歌手の小林幸子さんやムツゴロウさん、音楽家の新垣隆さんが「教授陣」として出演していた。

   しかし、出演者の一部が以前スキャンダル等で世間を騒がせたためか、ネット上で「よくこんな問題児たちを起用するな」と批判する声も上がっていた。

   そうした声に対応したのか、同社は7日19時半すぎ、特設サイトに「ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」との謝罪文を掲載。CMの放送とりやめを発表した。同時にYouTubeの公式動画も非公開になった。

   とりやめを決定した理由は何なのか。日清食品の担当者はJ-CASTニュースの取材に、「件数は答えられないが、メールや電話でご意見を頂きました」と話す。

   どのような内容の意見だったのかと聞くと、担当者は具体的な点には触れなかったが、「不倫に関係している」「虚偽を擁護している」など、スキャンダル関連のものがあったと明かし、矢口さんや、新垣さんの起用を批判する声と見られる。

   また、ムツゴロウさんの登場シーンについて、「ヘビが出てくるので食品のCMにふさわしくない」と指摘するものもあったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中