東京五輪エンブレム、4作品に絞り込み 「国民の意見」受け25日に決定

印刷

   2020東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムについて、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2016年4月8日、最終候補を発表した。申請受付順に「組市松紋(くみいちまつもん)」、「つなぐ輪、広がる和」、「超える人」、「晴れやかな顔、花咲く」の4作品だ。

   発表会で宮田亮平エンブレム委員長(文化庁長官)は、選考のうえで「参画」と「透明性」を重視したと説明したうえで、「国内外の商標手続きをすべてクリアしたものであります」と胸を張った。8日から17日まで、国民からインターネットとハガキで意見(150字以内)を収集。それを受けて、エンブレム委員会が25日に最終審査・決定する。

   佐野研二郎氏制作のエンブレムが白紙撤回後、組織委は15年11月~12月にかけて新たなエンブレムを公募。1万4599点から、形式要件・デザインのチェックを経て、4作品に絞り込んだ。これらを商標調査したうえで、今回の発表となった。

  • 最終候補に選ばれた4作品 (C)Tokyo 2020
    最終候補に選ばれた4作品 (C)Tokyo 2020
  • 最終候補作品A「組市松紋」 (C)Tokyo 2020
    最終候補作品A「組市松紋」 (C)Tokyo 2020
  • 最終候補作品B「つなぐ輪、広がる和」 (C)Tokyo 2020
    最終候補作品B「つなぐ輪、広がる和」 (C)Tokyo 2020
  • 最終候補作品C「超える人」 (C)Tokyo 2020
    最終候補作品C「超える人」 (C)Tokyo 2020
  • 最終候補作品D「晴れやかな顔、花咲く」 (C)Tokyo 2020
    最終候補作品D「晴れやかな顔、花咲く」 (C)Tokyo 2020
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中