「こういう時に、お笑い芸人は困る」 明石家さんま、熊本地震でのジレンマに注目が

印刷

   熊本県周辺で相次ぐ地震について、著名人が続々と支援を表明するなか、明石家さんまさん(60)が語った「お笑い芸人ならではのジレンマ」が注目されている。

   苦しんでいる人を助けたい。しかし、笑いを届けるのが適切なのかはわからない――「お笑いBIG3」からの告白を受けて、ツイッターでは「あのさんまさんですら迷うのか...」といった声が出ている。

  • 「MBSヤングタウン土曜日」公式サイト
    「MBSヤングタウン土曜日」公式サイト

被災地へ行って「大丈夫でっせ」と言いたい

   さんまさんが語ったのは、2016年4月16日放送の「MBSヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)。番組冒頭、テレビで避難指示が出ても「(被災者が逃げる)暇ないらしい」とのエピソードとともに、「こういう時に、お笑い芸人というのは困りますね」と話し出した。大きな事態に対して、どう対処すればよいのか、わからなくなるのだそうだ。

   自身は「苦しんでいる、ふせってる人たちが、俺のテレビを見てちょっとでも笑っていただければ」と思っていて、芸人になった理由には「落ち込んでいる人を助けたい」との思いもあると説明。しかし、本当に落ち込んでいる人たちを前にすると、笑いが必要なのかとの壁にぶつかるといい、「これは不幸な商売やな」とも。被災地へ行って「大丈夫でっせ」と言いたい思いはあるが、「邪魔じゃ、アホ!」と言われる可能性もあるため、「微妙なところ」だと胸の内を明かした。

   さんまさんのトークを受けて、ツイッターには

「さんまさんにも苦悩あるんだな」
「あのさんまさんですら迷うのか...」

といった驚きの反応に加え、

「その気持ちわかる」
「こういう事を悩めることって素敵なことだと思う」
「お笑いが必要になるのは少し落ち着いてから。必要だし結構重要」

などの前向きなツイートも出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中