DAIGOプロポーズソング「KSK」 ファンの声で「緊急発売」決定

印刷

   歌手でタレントのDAIGOさん(38)が女優の北川景子さん(29)との結婚披露宴で熱唱したプロポーズソング「KSK」が緊急リリースされることになった。

   披露宴翌日、DAIGOさんは同曲の音源化についてブログでファンに問いかけていた。音源化を望む声と同時に、「2人だけの思い出に...」という声も少なくなかったが、多くのファンに届けることに決めた。

  • 「KSK」音源化が決定(写真は2016年4月撮影)
    「KSK」音源化が決定(写真は2016年4月撮影)

ブログで「KSK音源化したほうがいいかな?どうかな?」

   DAIGOさんは2016年4月29日の披露宴で、妻の北川さんに向けた自作ソングを披露した。タイトルはプロポーズの言葉だった「KSK」(結婚してください)。披露宴の模様を紹介したテレビ番組では、KSKを聞きながら目に涙を浮かべる北川さんの姿が映っていた。

   翌30日に更新したブログでは「サプライズで歌った『KSK』この日のためにつくった曲です」と紹介。その上で「KSK音源化したほうがいいかな?どうかな?意見聞かせて」とファンに尋ねた。

   ブログのコメント欄には「ぜひ音源化してほしい!」という声が相次いだが、一方で「音源化しないで」という意見も同様に目立った。

   そもそも同曲は、プロポーズを受けた際に「DAI語」で返答できなかったことを悔やんでいた北川さんのために、「2度目のプロポーズ」として贈ったもの。新婦は「HI、はい」と無事DAI語で答えることができた。

   そんな背景もあるため「2人の大切な思い出にしておいたほうがいいのでは」と感じたファンも少なくなかったようだ。

   ただ、DAIGOさんはあくまで音源化に前向きで、5月2日に更新したブログでは「めちゃコメントもらってて本当にありがとうございます!音源化の声がめちゃ多くて凄うぃっしゅ!」とコメントしていた。

   そして5月6日、音源化決定の報が流れた。5月20日からレコチョク限定で配信され、6月15日にはCDが発売される。DAIGOさんのブログには、すでに音源化決定に感謝するコメントがいくつも寄せられている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中