「裸婦画」を政治資金でヤフオク落札? 舛添都知事、新疑惑にどう釈明するのか

印刷

   東京都の舛添要一知事が参院議員時代、政治資金を使って「裸婦画」などをヤフオクで落札していた疑惑が浮上した。舛添氏は、絵を国際交流のツールにしていると釈明していたが...。

   週刊文春の報道を受け、舛添氏は、2016年5月13日の定例会見では、絵の額装までも政治資金で備品などとして計上していたことを認めた。

  • 「裸婦画」も交流ツールにしていた?
    「裸婦画」も交流ツールにしていた?

ID「ymasuzoe」が報道後に削除される

   そして、今度は絵そのものも政治資金で資料代として計上していた疑惑が出てきた。

   この疑惑を報じたのは、15日朝に放送されたフジテレビ系「新報道2001」だ。その調査では、舛添氏は、13年にヤフオクを通じて、個人やギャラリーから少なくとも計9件、31万円分の洋画などを落札し、参院議員時代の資金管理団体の政治資金収支報告書に計上したとしている。

   舛添氏は、「ymasuzoe」のIDでヤフオクに登録していたとし、そのIDでは、出品者137人と計214件の取引を行っていた。番組では、複数の取引相手にも取材し、うち1人は、風景画の商品が大きかったので、実際に舛添氏の自宅まで車で届けたと証言した。また、領収書のあて名は、資料代名目で舛添氏の資金管理団体名だったと明かした取引相手もいたという。なお、このIDは、16日夕になって削除されている。

   前出の「裸婦画」などは、絵のコレクターをしている男性が出品した。「ymasuzoe」のIDでは13年6~7月、男性から3点を落札し、うち2点が裸婦画だった。舛添氏の収支報告書には、3点落札の翌日にそれぞれ資料代が計上されており、1~5万円台のその額は、男性の記憶通りの値段だったという。

舛添氏「すべて会見で説明した通りです」

   事実関係は、はっきりしない部分もあるが、ネット上などでは、もし舛添要一氏が購入していたとしたら、本当に「裸婦画」などを手土産などにして国際交流に使おうとしていたのかといぶかる声も出ている。

   「新報道2001」の番組では、舛添氏は、値上がりが確実とみられる絵をヤフオクで買っており、投資目的の可能性があると、収支報告書に記載された老舗ギャラリーの話を紹介していた。

   ただ、舛添氏本人は、5月13日の会見で、「国際交流に使うものと自分のコレクションとは明確に分けています。政治資金で財テクをしている事実はありません」と否定している。

   また、今回のヤフオク落札について16日に記者団に聞かれ、舛添氏は、「すべて会見で説明した通りです」と答えた。J-CASTニュースは、舛添氏の事務所に取材の電話をかけたが、何度電話しても留守電のままだった。

   追記(2016年5月17日):舛添氏の事務所は、マスコミの取材に対し、ヤフオクで政治資金を使ったことを認め、「海外の方と交流する際、書や浮世絵などの版画などをツールとして、また、研究資料として活用している」などとするコメントを出した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中