「ウサギ食文化復活の狼煙」にやっぱり出た 「やめろぉぉぉぉ」「カワイイのに」の声

印刷

「食文化の歴史的背景を知って理解して頂けたら」

   川崎さんは「反対」意見について、ヨーロッパでウサギ肉を食べる人たちは食用とペットについて完全な線引きが出来ている、とした。ペットでウサギを飼っている人が、別に食用を繁殖させ販売している人もいるくらいだそうだ。

「古来から続く日本のウサギ食文化を無くしてしまうのは、もったいないんですよね。ウサギは可愛いですが、食文化の歴史的背景を知って理解して頂けたらありがたいと思っています」

と語った。

   「全国ウサギネットワーク」は、秋田県で開かれる食用ウサギの品評会「全国ジャンボうさぎフェスティバル」の最終日である16年10月16日に、設立総会が開かれ設立される。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中