北海道・小2男児の超絶「サバイバル」能力 7日目に自衛隊演習場で無事発見

印刷

   北海道七飯(ななえ)町の山林で親に「しつけのため」と置き去りにされ、行方不明となっていた小学2年生、田野岡大和くん(7)とみられる男児が2016年6月3日朝、無事保護された。自ら「田野岡大和」と名乗っており、目立ったけがはないという。

   不明になったのは5月28日夕で、捜索が長期にわたることで心配する声が強まっていた。

  • 無事に保護された(道警函館中央署ウェブサイトから)
    無事に保護された(道警函館中央署ウェブサイトから)

「約1週間も山の中で1人」

   見つかったのは6月3日7時50分。場所は七飯町の隣、鹿部町にある陸上自衛隊駒ヶ岳演習場内。同日放送の「スッキリ!」(日本テレビ系)などによると、演習場には柵があって大人は入れないが、子どもならくぐれて入れてしまう。敷地は広大で小屋などもある。演習場はこれまで捜索されていない場所だったという。

   捜索が長期化し、6月2日夜には合同捜査本部を解散し、3日からは規模を縮小して捜索する予定だった。目立ったけがはなく、1人で歩けている。ドクターヘリで搬送され、9時10分頃に市立函館病院に到着した。病院は健康状態を詳しく確認する。1人で歩いて演習場にたどり着き、蛇口から水を飲んでいた、と話したとする情報もある。

   警察は男児の身元の確認を急ぐとともに、行方不明になった経緯について調べを進めている。

   男児無事保護の一報が伝わると、民放テレビ各局は現地の生中継に切り替わり、随時最新情報を伝える態勢に入った。

   ネット上でも盛り上がりを見せた。「無事見つかってよかった」と安堵する声が多い一方、小学生が約1週間も不明にもかかわらず、1人で歩いたり喋ったりすることができるほど元気な状況にあることで、「一人でいたとしたらすさまじいサバイバル能力だな」「北海道の行方不明男児のスペック、一体何者なんだ...」「約1週間も山の中で1人で過ごし、そのうえ雨が降ったりした中、自衛隊員に見つからず自ら自衛隊施設にたどり着いた北海道の行方不明男児、冷静に考えてもヤバイ」と、不思議に思う声も多数出ている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中