府中市博物館でヌード撮影、インスタ公開 「許可してるんですか?」の声相次ぐ騒ぎ

印刷

   東京都府中市の郷土の森博物館で、若い女性らが無許可でヌードを撮影し、インスタグラムなどに写真を投稿していたことが分かった。問い合わせが相次いでおり、博物館側も困惑している。

   写真には、「5年2組」の札も見える廊下でスカートをまくって裸のお尻を見せたり、教室の窓際でほぼ全裸のヘアヌード姿があったりした。

  • 無許可で撮影されていた(写真はイメージ)
    無許可で撮影されていた(写真はイメージ)

5万人近いフォロワーが

   これらは、あるインスタグラムやタンブラーに2016年6月初めに投稿された。写真に写った状況から、郷土の森博物館内で復元された「旧府中尋常高等小学校」の校舎内で撮影されたとみられている。

   投稿者は、以前からこの博物館で撮影しており、少なくとも15年1月19日にも、ワンピースの服を着て教室の机の上に仰向けになり、足を上げてみせる画像があった。これについて、「課外授業」と映画のタイトルのような紹介をし、履いているハイヒールについて「上履きです」と注釈を入れている。

   投稿者のインスタグラムには、5万人近いフォロワーがおり、このときは「美脚~!!」「課外授業受けたいっす」などと次々に書き込まれていた。その後、10月19日には、教室の床にあおむけになり、股間にビデオカメラを入れた画像もあった。このときも、投稿者は、「府中市郷土の森博物館という所です( ´ ▽ ` )ノ」とわざわざ明かしている。

   大量にある投稿画像は、ヌードばかりではなく、普段の生活をグラビアやアートのように撮ったものも多い。しかし、最近は、フォロワーらの目を気にしてか、週刊誌のヘアヌード写真のようなものが増えている。

   投稿の中では、「別に芸術とかアートとか言う気はないけど、常に女性の持つ美しさを写したいと思って撮ってます。まあ思ってるだけですけどね。笑」「よく寝転んで撮るけど、単に寝転んだ方が楽だからです。笑」などと説明していた。

博物館館長「施設を冒涜するもので、憤っている」

   ただ、過激とも見られる画像が増えたこともあってか、投稿者は、画像を削除されるようになったとも明かしている。

   府中市郷土の森博物館では、J-CASTニュースの取材に対し、投稿された画像のいくつかが旧府中尋常高等小学校の校舎内で撮影されたと認識しているとし、投稿者には撮影の許可を出していないことを明らかにした。

   校舎内で写真を撮るのは問題ないとしながらも、ヌードなどについては、「公序良俗に反する」として許可していないという。

   アートやグラビアのために撮影することについても、公共の社会教育施設であり、目的外の利用は制限しているとして、申請があっても断っているとした。

   ヌード画像の投稿については、情報サイトが取り上げたため、6月23日から「こういうのを許可してるんですか?」といった問い合わせが相次いだ。博物館としては困っているとしたが、警察に通報するかどうかについては明言しなかった。監視カメラが設置されていなかったため無断撮影に気付かず、投稿者についても把握できていないとしている。これまでには、こうした撮影については聞いたことがないという。

   郷土の森博物館の館長は、「歴史遺産を後世に残すための施設であり、このような行為は施設を冒涜するものです。今回、初めて事実を知って、非常に憤っています。2度とこうしたことが起こらないように対処していきたい」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中