TBS番組で「自分の姿、CGで消された」 「告発」出演者が推測する制作側の「動機」

印刷

   TBS系バラエティ番組「ピラミッド・ダービー」の出演者が、「CGで自分の姿が消される捏造があった」とブログで告発し、物議を醸している。これに対し、サンケイスポーツ報道によると、TBSは「行き過ぎた編集」を認めたという。

   番組では、「珍種目No.1は誰だ!?」として、各分野のプロらが変わったルールの種目で対決し、ゲストらがNo.1を予想している。

  • 「捏造」を出演者がブログで告発
    「捏造」を出演者がブログで告発

本人は「脱落してねーから!」

   2016年6月19日の放送では、4レースが行われ、告発があったのは最終レース「双子見極めダービー」だ。登場する双子が入れ替わっているかを見極めるという設定で、「達人」4人が出演した。

   そのうちの1人、顔相鑑定士の池袋絵意知(えいち)さんが、放送後の22日に自らのブログを更新し、「テレビの裏側全部暴露します」と異例の発言を行った。

   それによると、池袋さんは、最後の4回戦まで出たにもかかわらず、3回戦で脱落したと紹介された。脱落は、ルールにはなかったという。それも3回戦とされたのは実は4回戦で、3回戦が最終戦になるよう順位が入れ替えられ、なんとCGによる映像加工で池袋さんの姿が消されていたというのだ。

   これが事実なら、映像では左から2人目のブースにだれも立っていないが、実際は池袋さんがいたことになる。池袋さんは、4回のうち2回は不正解だったものの、残り2回は正解していたという。

   池袋さんはブログで、「脱落してねーから!」とTBS側に憤りを露わにし、「これは編集ではなくねつ造です」「視聴率のためなら何をやってもいいと感覚が麻痺している」と非難している。そして、自分の名誉・人権を侵害されたとして、法的措置も辞さないことも明らかにした。

   「捏造」の理由としては、TBS側は、このレースで優勝したメンタリストのDaiGoさん(29)ありきで企画していたからではないかと、独自の憶測を述べている。

「TVなんてそんなもん」の声も

   ネット上では、「ピラミッド・ダービー」を手がけたのが、ヤラセ問題で打ち切りになったフジテレビ系「ほこ×たて」の制作会社のグループ会社であることも話題になっている。

   もっとも、「TVなんてそんなもん」「程度の違いあっても演出や脚色は100%やってる」といった指摘も出ていた。

   複数の報道によると、池袋絵意知さんがTBSのプロデューサーらに謝罪を求め、プロデューサーも6月26日に池袋さんに会って謝罪した。

   サンケイスポーツの27日の記事(電子版)では、池袋さんの告発について、TBSは「演出の一環のつもりでしたが、事前に説明や了解を得ることなく画像を加工し、行き過ぎた編集がありました」と不適切な演出を認めたとしている。ただ、池袋さんは、TBS側に対する不満が残っている模様で、放送倫理・番組向上機構(BPO)に申し立てすることなども検討しているという。

   番組の制作会社にJ-CASTニュースが27日に取材すると、担当プロデューサーが「この件については、TBSに一任しています」と答えた。TBSの広報部にも取材したが、この日夕までには回答はなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中