アニメ「魔装学園」、福岡で放送取り止め 「エロすぎてアウト」の声

印刷

   「地上波では放送できないほど過激なのか」――。テレビアニメ『魔装学園H×H(ハイブリッドハート)』の公式サイト上で、一部の地上波局での放送を「諸般の事情」により取り止めたとアナウンスされたことが、ネット上で話題を呼んでいる。

   きわどいお色気描写がウリの同アニメは、原作ファンからも「どうみても18禁」との評が出るほど。そのため、今回の発表を受けて、ネット上では「エロすぎてアウトなんだろ」との憶測が飛び交っている。

  • 「背徳放送中」とのアオリ文も・・・(アニメ公式サイトより)
    「背徳放送中」とのアオリ文も・・・(アニメ公式サイトより)

「逆になぜ放送できると思ったのか」

   2016年7月6日からCS放送のAT-XやTOKYO MXなどで放映が開始された『魔装学園H×H』は、同名のライトノベルを原作とするアニメ作品だ。放送日は違うが、TVKやサンテレビなどの地方地上波テレビでも放送が始まる予定だ。

   作品は異世界からの侵略者と戦う男女の姿を描いたファンタジーだが、一番のウリは、その「過激なお色気描写」にある。

   作品の主人公は「エッチな行為」をすることで女性をパワーアップさせる特殊能力を持つ設定。アニメのプロモーション映像を見ると、こうした能力を活かして「主人公がヒロインの体を揉むシーン」が何度も映される。さらには、ピンクを基調としたラブホテルのような場所で、主人公と衣服をはだけた女性がベッドの上で膝を突き合わせる場面もあった。

   実際、制作側も「お色気」を作品のウリとしてPRしている。アニメの公式サイトには「絶賛!背徳放送中」とのアオリ文が掲載されているほか、ヒロインの「ムフフな画像が見られる」という触れ込みの『ラブルーム』という特設ページも見られる。

   だが、こうした「過激な内容」の作品をめぐり、放送を取り止める地上波局が出たとネットが騒ぎになっている。同アニメの公式サイトが7月5日、福岡県を放送対象地域とするTVQ九州放送(テレキュー)での放送を「諸般の事情により取り止めさせて頂く」と発表したためだ。

   アニメは翌6日未明からテレキューで放送される予定とされていたため、今回の急な放送取り止めを受け、ネット上には「エロすぎてアウトなんだろ」といった憶測が広まった。ツイッターなどには、

「原作の挿絵も内容もどうみても18禁だから仕方ない」
「逆になぜ放送できると思ったのか」

といった声が数多く出ている。また、原作者の久慈マサムネ氏もツイッターで、「(理由を伝えられた時の心境について)むしろ名誉なことですね!!」と意味深な呟きを残している。

テレキュー「放送を決定した事実はない」

   ただ、テレキュー制作局の担当者は2016年7月6日のJ-CASTニュースの取材に対し、「そもそも、(同アニメの)放送を決定した事実はない」として、「放送を取り止めたわけではない」と明かす。作品を放送するかどうかの検討は行っていたというが、

「事前に放送しないとの旨を制作サイドに伝えていた」

と説明した。制作側へ放送しない旨を通知したのは「1日2日前の話ではない」とも付け加えた。

   一方で、アニメを制作するカドカワの広報担当者は7月7日の取材に対し、「コメントを控えさせて頂きます」とだけ回答した。

   「放送を取り止める」と発表した制作サイドと、「そもそも放送予定ではなかった」と話す放送局サイド。両者の主張は大きく食い違っているが、ネット上の意見は「エロすぎて放送できなかったに違いない」との声で埋め尽くされている。

   同アニメは今後、テレビ埼玉やKBS京都など多くの地方局で通常通り放送される予定となっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中