英EU離脱 シストレ24を利用しているFX投資家はどう乗り切ったのか?

印刷

   2016年6月24日、外国為替証拠金(FX)取引に投資している個人投資家が沈黙した。英国は国民投票により欧州連合(EU)からの離脱を選択したことで、外国為替市場が大混乱に陥ったためだ。

   しかし自動売買(システムトレード)で国内口座数NO.1(※1)のインヴァスト証券に聞くと、同社の「シストレ24」ユーザーには世間で噂されるような予想以上の痛手を負うようなことはなかったという。「シストレ24」のユーザーは、半数以上が投資とは別に仕事をしている「兼業投資家」でもある。そのとき、シストレ24ユーザーは......。

英国のEU離脱決定時、相場を見ずに勝った人も?

1年間の実績TOP5(7月6日時点)。いずれも運用資金を倍以上にするほどの実力
1年間の実績TOP5(7月6日時点)。いずれも運用資金を倍以上にするほどの実力

   英国の「EU離脱ショック」で、英ポンドは、米ドルに対して一時10%以上急落し、円に対しても大きく下げた。6月24日朝は、1ポンド142円85~90銭で取引されていたのが、「離脱」優勢に傾くと130円前半にまで急落した。

   インヴァスト証券の担当者はシストレ24ユーザーの動向を、こう解説する。

「英国の国民投票前にリスクを考慮して『運用を止める』ことを選んだお客様も多くいらっしゃいましたが、一部のお客様はご自身でリスクを理解いただいたうえで、『運用を止めなかった』人もいます」

   シストレ24は自分で取引するのではなく、専業トレーダーや物理学者などの「プロ」がつくった売買プログラム「ストラテジー」に取引を一任する。

   あのドタバタと上下動する為替相場を相手に、自分で買ったり売ったりするのではなく、取引はすべてストラテジーに「お任せ」で、ユーザーは取引ではなくストラテジーの「運用」をするわけだ。

   担当者が続ける。

「国民投票当日はストラテジーの実力に委ねられるわけですが、そこは素人ではなく『プロ』がつくったプログラム。われわれ人間では到底実現できない取引をし、この大荒れ相場で勝つストラテジーもありました。理由は計りかねますが、ストラテジー自体が危険を察知してか、取引しなかったものもあります」

   ストラテジーが取引をするのだから、シストレ24のユーザーは為替相場をずっと見ている必要はない。なかには24日夜に騒ぎがひと段落してから、相場を見る人もいただろう。シストレ24は相場を見ずに利益を残せる可能性を秘めているといえそうだ。

65%のサラリーマン投資家の特徴とは

   インヴァスト証券によると、シストレ24のユーザーは30~40代が多く、サラリーマン投資家がシストレ24の口座総数の65%を占めている(2016年6月28日時点)。

   「シストレ24が仕事をされている方に、よくご利用いただける理由は、精神的負担が少なく、『裁量取引』より危機管理しやすいからでしょう」と、担当者はいう。

   裁量取引とは、自分で売買する取引。日本のFX口座の大半は裁量取引で、「夜も寝ずにトレード」「平日は気になって仕事に集中できない」などの声はよく聞く。シストレ24はストラテジーに一任するだけなので、そんな心配はない。

   裁量取引より、シストレ24のほうが「収益チャンスを自分で必死に探すこと」や「四六時中、取引の判断を迫られる」ような、精神的な圧迫がないため、投資で最も重要となる「資金管理」に集中しやすいようだ。

   インヴァスト証券の担当者は、「お客様で成功している方の多くは長期的な視野で運用しています。1か月などの短期ではもちろん負けることもありますが、6か月、1年と続けていれば、実績を出せる可能性が高いという信頼をシストレ24に対して持っていただけていると思います。また、ストラテジーを選びっぱなしにしないことも成功の秘訣。週1回程度でかまわないので、運用状況に気を配ってあげると、今回のようなイベントで大失敗することもないでしょう」と語る。

   ユーザーからのシストレ24への有用性、信頼性という点では、英国のEU離脱決定後の動きにもあった。金曜日の24日にストラテジーの運用を止めていた人は、翌週の27日(月)には運用を再開するという動きがみられたという。

世界NO.1のストラテジー数と最も簡単な自動売買システム

   他にも自動売買プログラムは数多く存在するが、シストレ24独自の特徴が多くのユーザーを惹きつけている。

   取引を「お任せ」するストラテジーは、為替相場の動向によって得意、不得意があるが、なんと言っても、シストレ24は世界NO.1のストラテジー数6500本(※2)を搭載している。

   そんな膨大なストラテジー数から優秀なストラテジーを選ぶことができるのか、と思う人もいるだろうが、シストレ24では独自システムを開発して無料で提供している。

同社シストレ24独自のシステム。顧客の要望に応じたバージョンアップを何度も行っている
同社シストレ24独自のシステム。顧客の要望に応じたバージョンアップを何度も行っている

   たとえば、「この取引画面から、ご自身にあったタイプのストラテジーが簡単に選べます。たとえば、『コツコツ』稼ぐタイプには階段のようなアイコンが付いていて、利益は大きく損は小さく取引する『損小利大』タイプには天秤のようなアイコン、いま調子がいいものはスマイルマークのアイコン付いています。FXを詳しくない方でもパッと見でストラテジーを探せるように開発しました」と、担当者。

   独自システムだけではなく、運用面でも顧客をサポートするために、週次レポートやブログでの情報を発信している。電話でのサポートもインヴァスト証券の社員が手厚く対応してくれるというから、初めてでも安心できる。

   英国のEU離脱で、為替相場への注目度は高まっている。為替について何も知らないけれど、FX取引を始めたいなら、まずはシストレ24で「運用」をスタートしてみてはいかがだろう。

news_20160708145333.jpg
※1国内ミラートレーダー取扱業者中 口座数NO.1 2015年10月1日トレーデンシー社調べ
※2ミラートレーダー取扱業者中 ストラテジー数世界NO.1 2016年5月30日 トレーデンシー社調べ
【リスク・費用などについての重要事項】 本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、必要証拠金率が一定水準以上となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。

●売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。

●投資助言報酬は、1k(1,000通貨)あたり片道1円(税込)となり、スプレッドに含まれます。

●本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。

●証拠金は、時価評価額の4%の額(円換算額)で、証拠金の25倍までのお取引が可能です。

●「シストレ24 Mirror Trader」(以下「本サービス」といいます)は、お客様がストラテジーを選択し、選択したストラテジーが設定したシグナルにしたがって自動売買を行う取引システムです。また、お客様の裁量により、手動売買を行うことも可能です。

その他の重要事項については、ホームページを必ずご確認ください。

インヴァスト証券株式会社

本社所在地: 東京都港区西新橋一丁目6番21号 NBF虎ノ門ビル

代表者  : 代表取締役社長 川路 猛

資本金  : 59億6,508万円

設立   : 昭和35(1960)年8月10日

事業内容 : 金融商品取引業

登録番号 : 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

加入協会 :一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中