美女YouTuberバナナ大食いに中国人激怒 なぜコメント欄は炎上したのか?

印刷

   大食い美女YouTuberとして知られる木下ゆうかさんのチャンネルが炎上中だ。大量のバナナをおいしそうに食べる動画を自身のYouTubeチャンネル上で公開したところ、中国語による批判コメントが殺到した。

   一見した限りでは、特に問題のある内容とは思えない。ところが一部の中国人が「政治的メッセージを含んだ、中国を侮辱する動画」とみなしたらしい。

  • バナナ大食いが「問題視」されたワケは
    バナナ大食いが「問題視」されたワケは

バナナ137本を完食しただけなのに...

   日頃からさまざまな食べ物の大食い動画を投稿している木下さんは、2016年7月16日に新たな動画を公開した。タイトルは「バナナ137本 約6キロ 、6つの味で食べる!」。チョコレートソースやマヨネーズなどをトッピングしながら用意した大量のバナナを完食する、という内容だ。動画の再生回数はすでに76万回を超えている(20日18時時点)。

   動画は室内で撮影され、テーブルの上に20房近くのバナナが並ぶ。木下さんがこれを数えたところ全部で137本あったという。――この137本という数が「問題」になった。

   動画のコメント欄には、バナナの本数が「中国の人口」と一致するとの指摘が相次いだのだ。

   中国国家統計局が2015年11月に実施した調査によると、同国の総人口は約13億7000万人。確かに「137」と同じ数字が並んではいるが、木下さんが中国に対する何らかの意図をもって137本を用意したとは思えない。もちろん動画中では、中国に一言も触れていない。

   しかし、それでも一部の人々は木下さんがバナナを平らげることを「中国への侮辱」と解釈したらしい。中国語や中国名のユーザーからは、こんな批判が寄せられている。

「これはやりすぎ。中国人は盲目じゃない。皆137が何を意味するか知ってる」
「中国が嫌いなの?ちゃんと説明してよ」
「フォローやめます。さようなら」

   さらに大食いの対象がモンキーバナナであることから、フィリピンからの輸入品という憶測も生まれ、中国人の感情をさらに刺激した面もあるようだ。フィリピンといえば、南シナ海の領有権をめぐって中国と目下、対立中。中国は過去にフィリピンからのバナナの輸入締め付けを行ったこともある。木下さんの行動はそうした事情からも問題視されたらしい。

中国人からも「申し訳ない」の声続々

   中国語のメッセージが殺到している様子に日本人のファンはすっかり面食らったようで、「なんでこんなに外国のコメントが多いんだ...?!」「外国人のコメントがすごい」と驚きを隠せない様子だ。

   騒動を受け、中国人、台湾人、香港人からも

「頭のおかしい人が多すぎる...」
「どうしたらバナナと政治問題がリンクするんだよ」
「いち中国人ファンとして申し訳ない」

などと、呆れ声や怒りの声がいくつも寄せられている。

   ちなみに、木下さんは今回の動画で突然目をつけられてしまったわけではない。中国人の間では、木下さんが過去の動画で着用していたTシャツのデザインに「『南京事件』の写真が使用されている」として、以前にも騒ぎになっていた。

   だが、同写真が南京事件の際のものだという根拠はない。ビキニや海パン姿の人が多く写っており、撮影時期は「夏」だと分かるが、一方、南京事件が起きたのは真冬だ。写っている人物もアジア系にはみえない。そのため批判は「お門違い」とする指摘もすでにある。

   バナナもTシャツも、木下さんにとっては予期せぬ「とばっちり」だったことだろう。

   J-CASTニュースは20日、木下さんに騒動についてのコメントを求めたが、所属事務所から「頂いた内容に関してコメントを控えさせて頂いております」との回答が返ってきた。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中