原爆ドームで「不謹慎ポケモン」行為か 「ただただ悲しい」とネットで非難

印刷

   人気ゲームアプリ「ポケモンGO」のブームに広島市が頭を悩ませている。市が管理する「平和記念公園」にゲームのプレイヤーが多数集まり、市民らから「異様な雰囲気」といった苦情が数多く寄せられているためだ。

   さらには、「原爆ドーム」に設定されたゲーム内施設に、不謹慎なニックネームを付けたモンスターが配置されたとの情報もネット上で拡散している。市緑政課の担当者は2016年7月28日、J-CASTニュースの取材に「仮に事実であるとすれば、許されがたい行為」と答えた。

  • 原爆ドームに「不謹慎ポケモン」配置との情報がネット拡散
    原爆ドームに「不謹慎ポケモン」配置との情報がネット拡散

深夜になっても多くの若者が公園内に

   平和記念公園内には、ゲーム内のアイテムを入手できる「ポケストップ」が、原爆死没者慰霊碑など約30か所に設置されている。また、「原爆ドーム」と「原爆の子の像」、「祈りの泉」の3か所は、ポケモン同士を対戦させる「ジム」に登録されている。

   市緑政課の担当者は、「アプリの配信以降、ゲームだけを目的としたプレイヤーが数多く公園を訪れるようになった」として、「公園の雰囲気は一変した」と声を落とす。実際、市には「訪問しづらくなった」「異様な雰囲気」との苦情が数多く寄せられているという。

   ゴミの放置や騒音といった迷惑行為の苦情はなく、「マナー的には問題ない」というが、

「一般の人が近寄りがたい雰囲気であることは確かです」

と説明した。慰霊碑や像などがゲームのスポットになっており、その周辺にプレイヤーが集中することが多いためだという。

   また、深夜になっても多くの若者が公園にいることから、周辺住民などからの通報を受けた警察官が注意に向かうことも増えたという。担当者は「アプリの配信から連日、これまでに10件以上の報告を受けています」と呆れたように話していた。

   こうした状況を受け、広島市は26日付で、公園内のアクセスポイントを削除し、キャラクターを出現させないように求める要請書を開発元のナイアンティックに送付した。ゲームだけを目的としたプレイヤーが集まることは、「慰霊・鎮魂の聖域としての静けさや雰囲気を失わせるもの」として、平和記念式典が開かれる8月6日までの対応を要請している。

   ただ、28日15時時点でナイアンティックからの回答はないという。担当者は「式典が近づいても回答がなければ、追加のアクションを考えなければならない」と話していた。

「モラルに反する行為です」

   さらに、平和記念公園をめぐっては、あるプレイヤーがゲーム上で「不謹慎な行為」に及んだとの情報もネット上で流布している。

   情報の出所は、25日にネット掲示板に投稿された1枚の画像だ。ゲーム画面を撮影したもので、原爆ドームに「ピカドン」というニックネームを付けた「ピカチュウ」(ゲームに登場するモンスター)を配置した様子がおさめられている。

   原爆ドームは「ジム」に登録されており、ジムの所有権を持つプレイヤーが自分のモンスターを好きに配置することができる。このシステムを悪用した行為とみられ、ツイッターやネット掲示板には「ただただ悲しい」「不謹慎過ぎる」と非難する声が出ている。

   ただ、投稿された1枚の画像のほかに情報が全くないことから、悪意のある「コラージュ(加工)画像ではないか」と疑う人も多い。しかし、ネット上では拡散が進んでおり、中には「広島市が『ジム』の中身をみて、削除を要請したのかも」と推測する声まで出ている。

   こうした画像について、先述の担当者は「把握していない」として、要請書を送付した経緯には「一切関係がない」と説明。だがその上で、

「仮に事実であるとすれば、モラルに反する許されがたい行為です」

とも話していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中