話題の「ぱんつ帽子」、驚愕の利用法 パンツの日(8月2日)が進化中

印刷

   8月2日は数字の語呂合わせで「パン(8)ツ(2)の日」。

   一部の下着メーカーが1980年代に始めたキャンペーンで、もともとは本命の男性に女性がパンツをプレゼントする日として始まった。ツイッターでは現在、イラストや、自身が着用した写真などをアップして盛り上がるなか、通販会社がツイッターで紹介したある商品にも注目が集まっている。それは女性用の縞パンで作った「ぱんつ帽子」で、おまわりさんにも声をかけられること間違いなし!なのだそうだ。

  • 「パンツの日」には「ぱんつ帽子」(ヴィレッジヴァンガードオンラインストアのツイッターのスクリーンショット)
    「パンツの日」には「ぱんつ帽子」(ヴィレッジヴァンガードオンラインストアのツイッターのスクリーンショット)

「パンツの日」はツイッターで大盛り上がり

   ネット通販の「ヴィレッジヴァンガード オンラインストア」は2016年8月2日、「パンツの日」にちなんで公式ツイッター上で「この機会にパンツ買いましょ」という謳い文句で同社が販売しているパンツや、関連グッズの特集を組んだ。その中でひときわ目についたのが「ぱんつ帽子」で、ネット上でちょっとした話題になっている。

   商品説明を見ると、パンツが大好きな人のための帽子で、ブルーの縞パンとピンクの縞パンを使った2種類がある。足を通す部分はそのままになっていて、見る角度からはパンツを被っているように見える。

「街の視線を釘づけ間違いなし!」
「ピンクの縞パンでできています。オフ会の待ち合わせや、ナンパ待ちの話題づくりにどうぞ。おまわりさんにも声をかけられること間違いなし!」

などといった紹介文も付いている。素材は綿とニットで、Sサイズだが、かぶり口は約60センチまで伸びる。クリエイターが自宅で一つずつミシンを使って手作りをしているそうで、価格は税込みで2581円。

   この商品を見つけた人たちはツイッターで嬉しそうに、

「パンツ帽子欲しい......」
「つ、ツインテール用ですね!! わかります」
「パンツ帽子だって のうじゅうの誕生日 パンツ帽子にすればよかったかな、、、、、」

などとつぶやいている。

売り切れた場合は順次仕入れていく

   ヴィレッジヴァンガードにJ-CASTニュースが8月2日に取材したところ、クリエイターから仕入れて発売を開始したのは昨(15)年からで、こういうネタ系の商品の割には売れていて、これまで30~50点販売しているという。ネットで話題になっているため売り切れも予想されるが、順次仕入れていくと話している。実際に購入した人は被って街を歩いているのかどうかについては、

「実際に帽子として使用したり、プレゼントにしたり、イベントなどに持って行くなどはお客様それぞれだと思います」

ということだった。

   ちなみにこの「パンツの日」、関西の一部の下着メーカーが1980年代半ばに女性が本命の男性にパンツをプレゼントする日として「制定」したのだが、なかなか販促にはつながらなかった。婦人用インナーウエア、ナイトウエアのメーカーの団体、日本ボディファッション協会にJ-CASTニュースが話を聞いたところ、「パンツの日」というのは知っているけれども、業界でこれを盛り上げようとする動きは無いということだった。ネット上での密かな楽しみに形を変えているようだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中