「iPhone 7」、「Suica」対応など新機能満載で9月16日発売

印刷

   米アップルは2016年9月8日未明(日本時間)、「iPhone(アイフォーン)7」「7 Plus(プラス)」を日本国内で16年9月16日に発売すると発表した。JR東日本の電子マネー「Suica(スイカ)」に対応した技術を利用できるなど、多彩な新サービスが組み込まれている。新モデルの価格は「7」が649ドル(日本では税別7万2800円)から。

   発表によれば決済手段としてスイカなどが使えるようになる「Apple Pay(アップルペイ)」が搭載される。この機能は「Apple Watch Series 2」にも組み込まれる。イヤホンの穴をなくし、充電端子にイヤホンジャックを接続し音を聴く仕様にしたのも特徴。充電時に聴く際には別売の無線式イヤホン(税別1万6800円、発売は16年10月下旬)が使用する。カメラの機能も高め、「プラス」では背面のカメラを2つに増やし、光学ズームで10倍まで望遠できるようになる。スピーカーはステレオ式にする。防水性能を高めたことで水深50メートルまでの使用が可能になった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中