蓮舫氏「台湾国籍が残っていた」 籍抜く手続き終われば「すべてこの問題は終わり」

印刷

   民進党の代表選に立候補している蓮舫代表代行は2016年9月13日午前に記者会見し、いわゆる「二重国籍」問題について、「台湾籍が残っていた」と明らかにした。

   「二重国籍ではない」とするこれまでの説明を覆した形で、自らの「記憶の不正確さによって様々な混乱を招いた」として陳謝した。蓮舫氏としては、現在進めている台湾籍を抜く手続きが完了すれば「すべてこの問題は終わり」との認識だ。その後に東京・有楽町の日本外国特派員協会で3週間ぶりに臨んだ記者会見では国籍問題に関する直接の質問は出なかったが、それを念頭に置いたとみられる質問に直接の反応を見せることはなかった。

  • 東京・有楽町の日本外国特派員協会で3週間ぶりに会見する民進党の蓮舫代行
    東京・有楽町の日本外国特派員協会で3週間ぶりに会見する民進党の蓮舫代行
  • 民進党代表選の候補者。左から玉木雄一郎氏、蓮舫氏、前原誠司氏
    民進党代表選の候補者。左から玉木雄一郎氏、蓮舫氏、前原誠司氏

「記憶の不正確さ」で混乱招いたと「お詫び」

   蓮舫氏のこれまでの説明では、17歳だった1985年に大使館にあたる亜東関係協会(現・駐日経済文化代表処)に父親とともに出向いて台湾国籍を放棄する手続きを取ったとしていた。だが、台湾国籍が放棄できているか確認できていないとして、(2016年)9月6日になって台湾当局に国籍を放棄する書類を提出。放棄の手続きが進められていた。

   9月13日午前の会見では、蓮舫氏は

「17歳の時に日本国籍を取得した。合わせて、父と一緒に台湾籍を抜く作業をしたという認識で今に至っていた」

と繰り返したが、12日夕方になって籍が残っていたという連絡を受けたといい、

「私の記憶の不正確さによって様々な混乱を招いたことは、本当にお詫び申し上げたいと思う」

と陳謝した。その後、代表選の候補者3人は13時から約40分間にわたって「バイキング」(フジテレビ)に出演。最後に蓮舫氏が司会者から発言を促されて

「17歳、高校2年生の時の記憶で、父親と一緒に取った手続きで、台湾の籍は抜けているとずっと認識していたので、改めて今、籍を抜く作業をしている。この作業、手続きが終わったら、すべてこの問題は終わります」

と同様の説明を繰り返した。

岡田代表には「すべてにおいて学ばせていただいた」

   その後、15時から特派員協会で行われた会見では、蓮舫氏に対して

「蓮舫さんは、最近はたびたび『自分は日本人』だと言っている。良識のある日本人として、岡田さんへの見方を変えたりしたか」

という質問が出た。これは、一連の国籍問題や、蓮舫氏が8月23日に同じ席で

「私は岡田克也代表を大好きです。ただ、1年半一緒にいて、本当につまらない男だと思いました」

などと評して波紋を広げたことを念頭に置いているとみられるが、蓮舫氏は

「2004年の私の初当選の時の代表も岡田代表だった。今回の代表選の直前まで、代表を務めている岡田さんも近くでお支えした。この12年間変わらぬ安定感、変わらぬ知識への要求、ものすごく真面目な姿勢、すべてにおいて学ばせていただいた。そういう意味で、素晴らしいリーダーだと思う」

と述べるにとどめ、質問の「日本人として」の部分には反応しなかった。会見の時間は約1時間。終了時間までに直接的な国籍問題の質問は出なかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中