東宝株価、「シン・ゴジラ」「君の名は。」で急上昇 今年の高値を塗り替え中

印刷

   映画の公開前から話題になっていた庵野秀明監督の「シン・ゴジラ」と新海誠監督の長編アニメ映画「君の名は。」が大ヒットしている東宝の株価が、その勢いに乗って急上昇し、2016年9月23日に年初からの最高値を更新した。

   興行通信社が2016年9月20日に発表した17~18日の国内映画ランキング(全国週末興行成績)によると、「君の名は。」が4週連続首位をキープ。一方、7月29日公開の「シン・ゴジラ」も6位にランクインしている。

  • 「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで東宝株が急上昇!(C)2016「君の名は。」製作委員会
    「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで東宝株が急上昇!(C)2016「君の名は。」製作委員会
  • 「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで東宝株が急上昇!(C)2016「君の名は。」製作委員会
    「シン・ゴジラ」「君の名は。」の大ヒットで東宝株が急上昇!(C)2016「君の名は。」製作委員会

「君の名は。」698万人。「シン・ゴジラ」487万人

   東宝が2016年8月に公開した主な映画は、「シン・ゴジラ」や「ルドルフとイッパイアッテナ」「後妻業の女」「ポケモン・ザ・ムービーXY&Z ボルケニオンと機巧のマギアナ」「青空エール」「君の名は。」「64‐ロクヨン‐後編」などで、なかでも「シン・ゴジラ」と「君の名は。」は、幅広い層を惹きつけ、記憶と記録に残る大ヒット作品となっている。

   東宝が9月13日に発表した8月の映画興行成績(速報ベース、配給収入を除く)では、8月の興行収入は前年同月比6.1%減の104億円。1~8月の累計では5.7%減の506億円だった。

   しかし、「シン・ゴジラ」は公開前から評価が高かったこともあり、9月19日(公開後の53日間)までの累計で487万人を動員。興行収入は70億87000万円に達している。東宝は、「平成シリーズのゴジラでは過去最高の動員数になっています」と話す。

   さらに、長編アニメ映画の「君の名は。」も驚異的。新海誠監督の繊細な風景描写と音楽へのこだわりから、多くのファンが感銘を受けて、物語の舞台となった岐阜県飛騨地方を訪れる「聖地巡礼」の動きが広がるなど、社会現象になりつつある。

   9月19日(公開後の25日間)までの累計動員は698万人、興行収入は91億円。4週目にもかかわらず、17~19日の3日間には126万人を動員して興行収入で16億4000万円を稼ぎ出し、すでに「シン・ゴジラ」の興行成績を上回っている。

   東宝は、「前週(10~11日)と比べても、勢いが続いています」と話し、22日(28日間)までに774万人を動員、興行収入は早くも100億円を突破。この勢いはまだまだ収まりそうもない。

証券会社が業績予想を引き上げ

   そうしたなか、岡三証券は2016年9月6日付のレポートで、「シン・ゴジラ」と「君の名は。」の興行が好調なことを理由に、東宝の目標株価と業績予想を引き上げた。レーティングで「強気」継続するとともに、目標株価を3600円から3800円へ引き上げた。

   2017年2月期は連結営業利益(通期)で計画の330億円(前期407億円)に対して、従来予想の384億円から410億円へ引き上げ。18年2月期は400億円から413億円へ引き上げている。

   東宝の株価も急上昇。「シン・ゴジラ」が公開される前日の2016年7月28日の株価が2997円だったが、その後、8月26日に「君の名は。」が公開されると上昇基調が鮮明になり、8月31日から9月8日まで7営業日続伸。9月14~23日にも6日続伸した。

   9月23日の終値は前日比25円高の3380円。一時は3390円まで上昇して年初来高値を更新した。「シン・ゴジラ」の公開以降、終値で383円も上昇したことになる。 

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中