東京五輪前に街路樹300本伐採 「切らないで」ネット署名で論議

印刷

   東京五輪のためなどで千代田区内のイチョウなどの街路樹300本が伐採されるのは許せないとして、市民団体が署名サイトなどで反対を訴えている。ただ、区では倒木の恐れがあるなどと説明しており、ネット上では議論になっている。

   伐採が予定されている3つの通りには、明治大学の校舎や神保町の古書店街がある。イチョウには、樹齢100年近いものもあるとされ、長い間親しまれてきた。

  • ネットで話題になってから署名が急増
    ネットで話題になってから署名が急増

4日間で伐採反対が1万5000人

   ところが、そのうちの1つの区道「神田警察通り」で2016年7月、イチョウの大木に「樹木撤去のお知らせ」という貼り紙が掲げられた。ここでは、220メートルの通りにイチョウ32本とプラタナス5本が植えられているが、その並木が半分ぐらい枝落としされると、動きに驚いた市民らから区に疑問や批判が相次いだ。

   8月6日には、反対の声を受けて伐採が一時中断したと一部で報じられ、市民団体「千代田の街路樹を守る会」が9月16日にホームページを開設して街路樹の保護を訴えた。

   千代田区内ではこのほかに、オリンピックのマラソン候補コースに上がっている都道の「白山通り」やプラタナスの並木がある区道の「明大通り」で街路樹の伐採計画がある。守る会では、区議会に街路樹を守るよう求める陳情を出したほか、10月2日からは署名サイト「change.org」で伐採中止のキャンペーンを始めた。五輪に向けた道路工事で計300本もの街路樹を伐採しようとしているとして、「100年の街路樹をオリンピック開発から守って下さい!」と区や都に求めている。

   10月3日になって、ツイッターでこの動きが紹介されると、まとめブログなども翌日から取り上げて、ネット上で話題になっている。署名サイトでは、5日夕現在で1万5000人もの賛同者が出るまでになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中