「ミスター・ラグビー」平尾誠二氏が死去 「(日本でのW杯)見たかっただろうなぁ」

印刷

   ラグビー日本代表の不動の司令塔として活躍し、「ミスター・ラグビー」と称された神戸製鋼ラグビー部の平尾誠二ゼネラルマネジャー(GM)が2016年10月20日、死去した。53歳だった。各メディアが20日午後、一斉に報じた。神戸新聞(ネット版)などは、最近は闘病生活を送っていたことに触れている。

   史上初の日本開催が決まっていた2019年のラグビーワールドカップ(W杯)を前にした突然の訃報に、ネット上では「W杯が待ってたのに」「地元大会見たかっただろうなぁ」などと悼む声が相次いだ。平尾氏は、W杯日本大会の組織委員会理事と事務総長特別補佐を務めていた。

  • 「ミスター・ラグビー」平尾誠二氏の訃報に悲しみ広がる(画像は神戸製鋼コベルコスティーラーズ公式サイトより)
    「ミスター・ラグビー」平尾誠二氏の訃報に悲しみ広がる(画像は神戸製鋼コベルコスティーラーズ公式サイトより)

「スクールウォーズ」のモデルにも

   京都市出身。中学時代にラグビーを始め、伏見工業高(当時)では3年時に全国大会で優勝。このときの快挙は、テレビドラマ「スクールウォーズ」(TBS)のモデルにもなった。同志社大では史上初となる大学選手権3連覇を達成。同志社大時代には、当時史上最年少となる19歳4か月で日本代表に選ばれた。

   1986年に神戸製鋼所に入社。ラグビー部のエースとして活躍し、88年から7年連続で日本一となる「黄金時代」を築いた。91年のラグビーW杯第2回大会では日本代表のキャプテンを務め、代表初勝利を飾った。

   現役時代は主に「スタンドオフ」と呼ばれるポジションでプレーし、司令塔としてゲームを組み立てる役割を担った。1998年に現役を引退し、神戸製鋼ラグビー部のGMに就任。99年のW杯では監督として日本代表を率いた。

   こうした華々しい経歴や卓越したプレーから、ファンの間では「ミスター・ラグビー」と称された。日本ラグビー界屈指のスターの訃報を受け、ツイッターやネット掲示板には、

「本当にショックだ。早すぎる。日本でワールドカップやるのになんでそんなことになるんだ若すぎるだろう」
「2019の地元大会見たかっただろうなぁ。冥福を祈ります」
「19年のW杯が待ってたのに・・・」
「早すぎるよ、、、 これだけの功労者が念願の日本でのワールドカップ見れないなんて悲しすぎる」

といった悲しみの声が相次いだ。

「もっと長く元気に日本ラグビーを支えてほしかった」

 

   また、ラグビー日本代表の畠山健介選手は、

「ラグビーを知らない人でも平尾さんの名前を知っている人は多かったと思います。もっと長く元気に日本ラグビーを支えてほしかったです。ご冥福を祈り致します」

と悼んだ。同志社大ラグビー部で平尾氏と同じポジションを務めた、日野自動車ラグビー部の君島良夫選手は、

「試合でお会いする時はいつも優しく声をかけてくださいました。同じ背番号の、同じジャージを着られたことは僕のラグビー人生一番の誇りです。平尾誠二さん。またいつかお会いできますように」

と故人に思いを寄せていた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中