漫画家の小路啓之さん事故死に悼む声 『ごっこ』『犯罪王ポポネポ』

印刷

   『ごっこ』などの作品で知られる漫画家の小路(しょうじ)啓之さん(46)が2016年10月20日夜、死去した。奈良県御所市の歩道で倒れているところ発見され、病院に運ばれたが、死亡が確認された。自転車を運転中、転倒して頭などを強く打ったとみられている。21日、共同通信など複数のメディアが報じた。

   ツイッターでは、小路さんを悼む声が寄せられている。

  • 『ごっこ 1 』(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(集英社)
    『ごっこ 1 』(ヤングジャンプコミックスDIGITAL)(集英社)

発見場所のそばに「リカンベント」型自転車

   共同通信の報道などによると、小路さんが倒れていたそばには、足を前方に伸ばしてペダルをこぐ「リカンベント」型の自転車が倒れていた。自転車には大きな傷はないことから、小路さんが運転中に転倒したものとみられている。

   講談社の「モーニング」サイトなどによると、小路さんは、『殺しのライセンス』でちばてつや賞準大賞を受賞(1997年)しデビュー。『ごっこ』『犯罪王ポポネポ』などの作品があり、アフタヌーン四季賞(特別賞)などの受賞歴がある。

   小路さんの訃報が10月21日に流れると、ツイッターでは、冥福を祈る声が寄せられた。漫画家の渡辺静さんは、「え?嘘、亡くなった漫画家さんって小路啓之さんなの?ちょっと気持ち整理つかないわ。。」と投稿。

   他にも、「本当に悲しい」「ご冥福を祈ります」「ポポネポ好きだった」「お悔み申し上げます」などの声が投稿されている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中