「パジャマディズニー」若い女性に広まる 夢の国にモラルはないのか

印刷

   東京ディズニーランドや東京ディズニーシーにパジャマ姿で行く「パジャマディズニー」なるものが、若い女性たちの間で静かなブームとなっている。

   インターネット上では批判的な意見も目立つが、そもそもパーク側はどう考えているのだろうか。運営会社に聞いてみた。

  • ディズニーパークでパジャマはOK?
    ディズニーパークでパジャマはOK?

入園してから寝巻に着替え、ツイッターで投稿

   ツイッターやインスタグラムで「パジャマディズニー」と検索すると、お揃いのパジャマでパークを訪れている女性たちの写真がいくつもヒットする。

   ブームのきっかけは不明だが、学校の制服でパークを訪れる「制服ディズニー」や、友人とお揃いのファッションを身にまとう「双子コーデ」の延長にあるようだ。SNS上では2013年ごろから目立つようになり、「楽しそう」「私もやってみたい」といった声も上がっていた。

   そうした中、パジャマディズニーを楽しんだツイッターユーザーの投稿がネット上で波紋を広げることとなった。

   2016年10月20日のツイートによると、このユーザーはゲートでパジャマでの入園を断られたため、近くで服を購入し、中に入ってからパジャマに着替えたという。「なんか夢の国なのに入れませんって言われた...」という記述からは、入園NG対応に納得していない様子がうかがえる。

   ツイートは注目を集め、「モラル無いのか?」「TPO考えてください」「夢の国って何してもいい場所じゃないんですよ」といった批判が続々と寄せられた。

   同じ頃には、パジャマ姿の女性が「ミニーの家」のキッチンに足(土足)を載せた写真もネット上で拡散。この女性が先のツイッターユーザーと同一人物かは不明だが、合わせて注目を集め、物議を醸した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中